PowerDirectorの使い方!初心者でもわかりやすい動画編集のやり方を解説


PowerDirector(パワーディレクター)を使って動画編集してみたいけど、

「使い方が全くわからない…」

「そもそも購入する方法も良く分からない…」

と悩んでいる初心者さんはいませんか?

特に初めて動画編集を行おうとすると、どんな順番で編集していけば良いのかわからなかったり、たくさんある機能がそれぞれどんな働きをするのかわからなかったり、意味の分からない専門用語が多すぎて頭がパンクしそうですよね。

ちなみに、自分は「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルや「しふぁの作業部屋」というチャンネルを運営していますが、それらのチャンネルに投稿する動画は全てPowerDirectorを使用して編集しているので、使い方に関しては熟知しております。

その実際の経験を元にPowerDirectorの使い方を細かく解説した記事をたくさん投稿しているのですが、今回はそれらをまとめたPowerDirectorの使い方を解説していきます!

スポンサーリンク
  1. PowerDirectorをまだ購入していない人向けの情報
    1. 種類や違いについて
    2. 無料体験版について
    3. 製品版の購入方法について
  2. PowerDirectorを購入後にやるべき事・覚える事
    1. 製品版購入後の初期設定について
    2. 編集画面の見方や機能、保存の仕方について
  3. PowerDirectorでの編集方法【初級編】
    1. 動画の読み込ませ方と分割/カット編集する方法
    2. 文字(テキスト・字幕・テロップ)を入れる方法
    3. 音楽(BGM)や効果音を入れる方法
    4. 画像(写真)を入れる方法
    5. 動画の出力方法について
  4. PowerDirectorでの編集方法【中級~上級編】
    1. 文字や画像を振動させる(揺らす)方法
    2. 文字や画像をスクロールさせる方法(エンドロールの作り方)
    3. 文字や画像、動画を拡大/縮小させる方法
    4. 文字や画像、動画を点滅させる方法
    5. 動画にモザイクやぼかしを入れる方法
    6. 動画を早送り/スローモーション再生する方法
    7. 動画/音声/画像/文字をフェードイン・フェードアウトする方法
    8. シェイプデザイナーで文字入りの吹き出しや矢印を作成する方法
    9. カウントダウン/カウントアップを入れる方法
    10. クロマキー合成で動画や画像を透過させる方法
    11. トランジションを追加するやり方
    12. モーショントラック機能で動く被写体に追従させて文字/画像/モザイクを入れる方法
  5. こんな時はどうする?
    1. プレビューがカクカクしたり音ズレする場合
    2. PowerDirectorでサムネイルを作成してみたい場合
  6. まとめ

PowerDirectorをまだ購入していない人向けの情報

種類や違いについて

PowerDirectorをまだ購入していない・もしくは無料体験版を使用しているけど、今後製品版を使ってみたいと考えている人もいるのではないでしょうか?

実はPowerDirectorには、

・PowerDirector Standard(通常版)
・PowerDirector Ultra(通常版)
・PowerDirector Ultimate(通常版)
・PowerDirector Ultimate Suite(通常版)
・PowerDirector 365(サブスクリプション版)
・Director Suite 365(サブスクリプション版)

というように、全部で6種類もの商品が販売されています。(PowerDirector19のバージョン時点で)

サイバーリンク公式オンラインストア

 

使用する人の用途に応じて細かく製品が分けられているのですが、PowerDirectorについて詳しく知らない人からするとちょっとわかりにくいですよね…

ちなみに、一部の商品を除いて対応OSはWindowsのみとなっているので、購入する時は要注意です。

もしも、PowerDirectorの種類や違いについて詳しく確認したい場合は、こちらのページで詳しく確認する事ができるのでチェックしてみて下さい!
check!
>>PowerDirectorの種類や違いについて確認する!

 

無料体験版について

ちなみに、PowerDirectorを購入する事をためらっている人もいると思いますが、そんな人は無料体験版をインストールして実際に使用してみるのがおすすめです。

無料体験版は製品版と同じ編集画面になっていますし、動画編集に関しても製品版と同じようにカット編集ができたり、BGMや画像を入れたり、テキストを入れるなど、PowerDirectorのUltra版と同じ基本機能を使用できるようになっています。

購入する事をためらっているのなら、1度無料体験版を使用してみて検討するのが個人的にはおすすめです。

 

しかし、無料体験版という事もあっていくつかの制限があるのですが、

・無料体験版を利用できるのは30日間のみ。
・利用できるテンプレートの数、エフェクトの数に制限がある。
・作った動画の冒頭5秒にロゴが入ってしまう。

などといった制限がかけられています。

あくまで、

「動画編集ってどうやるのかな?」

「今使っている動画編集ソフトはこんな感じだけど、PowerDirectorはどんな感じだろう?」

と思っている人が、無料体験版に軽く触れて動画編集のイメージを掴むのに使ってもらえたらと思います。

こちらのリンクからPowerDirectorの無料体験版をダウンロード・インストールする方法を確認する事ができるので、気になる人はこちらのページをチェックしてみて下さい!
check!
>>PowerDirectorの無料体験版をダウンロード・インストールする方法を確認する!

 

製品版の購入方法について

PowerDirectorの種類や違いについて理解出来たり、無料体験版を使用して実際に製品版を購入したいと思った人もいるのではないでしょうか?

ちなみに自分はPowerDirector 365を実際に購入して使用していますが、実際に購入してインストールするまでの流れを解説したページを作成しています。

購入方法やインストール方法がわからない場合はこちらのページからやり方を確認してみて下さい!
check!
>>PowerDirectorの製品版を購入してインストールする方法を確認する!

 

PowerDirectorを購入後にやるべき事・覚える事

製品版購入後の初期設定について

もしも、PowerDirectorの製品版を購入した場合は、PowerDirectorの初期設定を行うのがおすすめです。

この初期設定を行っておくことでカット編集がしやすくなったり、プレビューを確認しやすくなったり、動画として出力する時の速度を早くすることができるからです。

動画編集に慣れない内はとにかく時間がかかってしまうので、作業環境を整えて少しでも時間短縮できるようにあらかじめ初期設定をしておきましょう。

ちなみに、こちらのページで実際に自分が行っている初期設定方法を詳しく解説しているので、やり方がわからない人はチェックしてみて下さい!
check!
>>PowerDirector購入後におすすめな初期設定方法を確認する!

 

編集画面の見方や機能、保存の仕方について

初期設定が終わったら、PowerDirectorの編集画面の見方や各機能を大体でも良いので理解しておくのがおすすめです。

何故かというと、PowerDirectorの各機能を使った編集方法を解説したページも作成していますが、その中でどうしても専門用語を使用する場面があったりするので、ある程度の基本的な知識が無いと理解する事が難しいからです。

ちなみに、PowerDirectorの編集画面は、

・ルーム
・タイムライン
・プレビューウィンドウ

というように大きく分けて3つに分かれています。

最低でもこの3つの区画の大まかな機能は覚えておく必要があるので、それらについて解説したページを別に作成しています。

その中で編集データの保存方法についても解説しているので、これからPowerDirectorを使いたいけど編集画面を見た時に何が何だかわからないような人は必ずチェックするようにして下さい!
check!
>>PowerDirectorの編集画面の見方や機能、保存の仕方を確認する!

 

PowerDirectorでの編集方法【初級編】

動画の読み込ませ方と分割/カット編集する方法

PowerDirectorで動画編集をするのであれば、まずは動画の読み込ませ方を理解する必要がありますが、そこまで難しい事ではありません。

それよりも動画を分割したりカット編集する事の方が重要で、動画編集をする順番として無駄な部分を分割/カット編集を行って削除し、必要な部分だけをギュッとまとめるのが1番最初に行うべき編集作業となっています。

例えば、

・無言になってしまった無意味な部分
・言い間違えてしまった部分
・「あー」とか「えー」など無駄な言葉が頻繁に繰り返される部分

このような部分は削除するのがおすすめです。

そして無駄な部分を削除した後に文字を入れたり、音楽を入れたりするなどの編集を行っていくことになりますね。

 

分割/カット編集は最も基本的な編集方法なのでそこまで難しい編集ではありませんが、時間がかかりやすい作業になっていますし、この編集で動画の良し悪しが決まる部分にもなってくるのでかなり重要な編集となっています。

以下のリンクのページで動画の読み込ませ方はもちろん、分割やカット編集の詳細なやり方を解説していますし、時間短縮するために覚えておきたいショートカットキーについても解説しているのでチェックしてみて下さい!
check!
>>PowerDirectorで分割/カット編集する方法を確認する!

 

文字(テキスト・字幕・テロップ)を入れる方法

PowerDirectorでカット編集が終わったら、話している言葉がわかりやすいように字幕を入れるのがおすすめですが、入力方法がわからないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

動画内に文字を入れる方法としては、

・字幕ルームを使用する方法
・タイトルルームを使用する方法

という2つの方法があります。

 

「字幕ルームを使用する方法」については、動画を再生しながら字幕を入れる箇所を指定していき、あとでまとめて文字を入力して字幕を作成する方法となっています。

特に字幕に対してのこだわりが無くてシンプルな字幕で良い場合や、大量の字幕を入力する場合におすすめの方法です。

 

「タイトルルームを使用する方法」については、先ほどの字幕ルームよりも自由度が高くて凝った字幕を入れる事ができるようになっています。

個人的にはタイトルルームを使用して字幕を入れた方がやりやすいですし、パッと目に付く字幕にする事ができるので非常におすすめです。

それぞれのやり方についてはこちらのリンクから詳しく確認する事ができますし、縦書きで文字を入力する方法も解説しているので、やり方がわからない人はチェックしてみて下さい!
check!
>>PowerDirectorで文字を入れる方法を確認する!

 

音楽(BGM)や効果音を入れる方法

動画内に文字を入れて字幕を作成する事ができたら、それに合わせて音楽(BGM)や効果音を入れるのがおすすめです。

音楽や効果音を入れる事でより動画の雰囲気を盛り上げる事ができたり、その言葉を強調する事もできるので、動画編集をするのであれば必ず覚えておきたい編集方法となっています。

ちなみに、音楽や効果音の入れ方を詳しく解説した記事を作成していますが、その中で音量調節方法についても解説していますし、徐々に音声が聞こえたり・聞こえなくなるフェードイン・フェードアウトのやり方も解説しています。

これらのやり方も気になる場合は、以下のリンクから詳細な情報をチェックしてみて下さい!
check!
>>PowerDirectorでの音楽や効果音の入れ方を確認する!

 

画像(写真)を入れる方法

動画内に画像(写真)を入れたいけど、やり方がわからないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

例えば動画内で話している事についてのイメージとして画像を入れると、視聴者からすると何について話しているのかがわかりやすいので、画像を入れる事ができるのであればできるだけ入れてあげるのがおすすめです。

以下のリンクのページで画像を挿入する方法を解説していますし、

・タイムライン内の表示順序に関する注意点
・画像をトリミングする方法
・画像の背景を透過する方法

これらの画像に関する情報や編集方法も解説しているので、これらの事が気になる人もチェックしてみて下さい!
check!
>>PowerDirectorで画像を挿入/重ねる/トリミング/透過させる方法を確認する!

 

動画の出力方法について

PowerDirectorで動画編集を行ったら、編集データを動画として出力する必要がありますが、YouTubeに動画を投稿したいのであれば、YouTubeが推奨している設定で動画を出力するのがおすすめです。

もしも、適当な出力設定で動画を作成してしまうと、元の素材のクオリティがいくら高くても綺麗な画質・音質で動画を作成する事ができないので注意して下さい。

 

ちなみに、YouTubeヘルプの内容も参考にしながら、自分がYouTubeに投稿する時の実際の出力設定を解説した記事を別に作成しています。

この記事を確認すればYouTubeに1080p/60fpsの高画質で動画投稿する事ができますし、720pや1440p、4Kといった他の解像度で投稿したい場合でも、どの部分を変更すれば良いのかも理解する事ができます。

さらに、出力設定の内容はカスタムプロファイルで名前を付けて保存でき、別の動画を作成する時でもその名前の出力設定を選択するだけで簡単に出力設定を呼び出せるので、事前に設定しておくのがおすすめです。

こちらのリンクから詳細な出力設定を確認する事ができるのでチェックしてみて下さい!
check!
>>PowerDirectorで動画を出力するやり方を確認する!

スポンサーリンク

PowerDirectorでの編集方法【中級~上級編】

文字や画像を振動させる(揺らす)方法

思わず「わぁぁぁ!!!」と叫んでしまったシーンの時に文字や画像を振動させたい(揺らしたい)と考えていると思いますが、やり方がわからないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

叫ぶシーンの時に振動の動きがあるのと無いのとではかなり印象が変わってくるので、振動させる方法を覚えておくと今度の動画編集で非常に役に立ちます。

ちなみに、文字や画像を振動させるには「振動」のエフェクトを使用して振動させますが、ただ文字や画像に「振動」エフェクトを入れるだけでは上手く行かないことが多いのでそれで悩む人が多いですね。

なので、そんな人のために「振動」エフェクトの細かい調整方法について実際の経験を元に解説した記事を作成していますし、複数の種類がある振動系エフェクトを一挙に紹介しているので、気になる人はこちらのリンクからチェックしてみて下さい!
check!
>>PowerDirectorで文字や画像を振動させる(揺らす)方法を確認する!

 

文字や画像をスクロールさせる方法(エンドロールの作り方)

例えば文字を右から左にスクロールさせて話に合わせて文字が流れるようにしたり、キャラクターの画像をスクロールさせて動きを加えたいけどやり方がわからないと悩んでいませんか?

スクロールさせるやり方を理解できれば、以下の動画のようなエンドロールも作成する事ができるので、編集方法を覚えておくと非常に便利です。

ちなみに、文字や画像をスクロールさせる方法としては、

・アニメーションで設定する方法
・モーションで設定する方法

という2つの方法があります。

テキストの場合は両方のやり方でスクロールさせる事が可能ですが、画像の場合は「モーションで設定する方法」しかスクロールさせる事ができないので注意して下さい。

この2つの方法の詳細なやり方については以下のリンクのページで詳しく解説しているので、気になる人はこちらからチェックしてみて下さい!
check!
>>PowerDirectorで文字や画像をスクロールさせる方法を確認する!

 

文字や画像、動画を拡大/縮小させる方法

例えば動画内に映っている一部分が見にくいので拡大して表示したかったり、動画全体を小さく縮小してワイプのようにして表示させたいけどやり方がわからない人もいるのではないでしょうか?

拡大/縮小を使いこなすことができれば、動画内に様々なアクセントを加える事ができるので、動画編集するのであれば覚えておきたい編集方法となっています。

ちなみに、動画編集をする上で、

・動画(映像)
・文字(テキスト・字幕・テロップ)
・画像(写真)

という3つの素材がありますが、それぞれ拡大/縮小を行うことはできるけれども、それぞれでやり方が異なっているので注意が必要です。

それぞれの素材ごとの拡大/縮小方法を詳しく解説した記事を作成しているので、こちらのリンクから詳細な情報をチェックしてみて下さい!
check!
>>PowerDirectorで動画・文字・画像を拡大/縮小する方法を確認する!

 

文字や画像、動画を点滅させる方法

文字や画像、動画をチカチカと点滅させるような編集を行いたいけど、やり方がわからないと悩んでいませんか?

基本的なやり方としては不透明度にキーフレームを追加して数値を調整し、点滅させるような編集を行っていきます。

ただ、中には、

「不透明度?キーフレーム?何それ?」

という人もいるのではないでしょうか?

それらの専門用語や実際の詳しいやり方については、以下のリンクのページで詳しく解説しているので、点滅させる方法が気になる人はチェックしてみて下さい!
check!
>>PowerDirectorで文字・画像・動画を点滅させる方法を確認する!

 

動画にモザイクやぼかしを入れる方法

PowerDirectorで編集していると、

「この部分は映したくないからモザイクやぼかしで隠したいなぁ…」

と思う事ってありますよね。

ただ、モザイクやぼかしの入れ方がわからなかったり、止まっているのではなく動いている状態の人の顔や車のナンバーなどをどうやって隠したらいいのかわからない人も多いのではないでしょうか?

ちなみに、モザイクやぼかしは専用のエフェクトを使用して入れたり、モーショントラックという機能を使用して指定した部分を追従させながらモザイクやぼかしを入れる方法があります。

それぞれの方法を詳しく解説した記事を作成しているので、モザイクやぼかしの入れ方がわからない場合は以下のリンクからチェックしてみて下さい!
check!
>>PowerDirectorでモザイクやぼかしを入れる方法を確認する!

 

動画を早送り/スローモーション再生する方法

例えば作業中の様子といった時間が長い動画を早送りしたり、決定的瞬間をスローモーションにして迫力のある映像にしたいけどやり方がわからないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

早送りやスロー再生の編集は比較的に良く使用する編集方法となっているので、動画編集をするのであれば覚えておきたい編集方法となっています。

ちなみに、早送りやスロー再生のやり方としては、

・動画全体を早送り/スロー再生
・動画内の選択した範囲のみ早送り/スロー再生

という2つの方法があります。

それぞれの方法について詳しく解説した記事を作成しているので、詳細なやり方を確認したい人はこちらのリンクからチェックしてみて下さい!
check!
>>PowerDirectorで動画を早送り/スローモーション再生をする方法を確認する!

 

動画/音声/画像/文字をフェードイン・フェードアウトする方法

PowerDirector(パワーディレクター)で動画や音声、画像、文字といった素材をフェードイン・フェードアウトさせたいという人もいるのではないでしょうか?

ちなみに、

「フェードイン・フェードアウトって何?」

という人もいるかもしれないですが、音量を徐々に大きくしたり、 映像を徐々にはっきりさせることをフェードインと言い、音量を徐々に小さくしたり、 映像を徐々に消えさせることをフェードアウトと言います。

PowerDirectorでフェードイン・フェードアウトする方法としては、

①キーフレームを付けて設定する方法
②黒や白の画像を使う方法
③アニメーションを使う方法
④トランジションを使う方法

というように、全部で4つの方法があります。

それぞれの方法について詳しく解説した記事を作成しているので、やり方がわからない人は以下のリンクからチェックしてみて下さい!
check!
>>動画/音声/画像/文字をフェードイン・フェードアウトする方法を確認する!

 

シェイプデザイナーで文字入りの吹き出しや矢印を作成する方法

PowerDirectorにはシェイプデザイナーという機能があり、これを使用すると吹き出しや矢印、長方形といったシェイプオブジェクトを作成する事ができ、以下の画像のようにそのオブジェクトの中に文字も入れる事ができるようになっています。

さらに、キーフレームを追加する事ができるので、左右に動かしたり、拡大/縮小したり、回転させたりと動きも加える事ができるようになっています。

シェイプデザイナーでシェイプオブジェクトを作成する方法を覚える事ができれば、より一層レベルの高い動画作成を行うことが可能なので、使い方をマスターしておくのがおすすめです。

詳しいやり方についてはこちらのリンクから確認する事ができるので、シェイプデザイナーについて詳しく知りたい人はチェックしてみて下さい!
check!
>>シェイプデザイナーで文字入りの吹き出しや矢印を作成する方法を確認する!

 

カウントダウン/カウントアップを入れる方法

決定的瞬間が訪れる予告としてカウントダウンを動画内に入れたり、作業の様子を見せる時に何秒かかったのかわかるようにカウントアップといったタイマーを挿入したい人もいるのではないでしょうか?

カウントダウンやカウントアップを入れる方法としては、

①カウントダウンのPiPオブジェクトを使う方法
②タイトルルームのテキストを使う方法
③タイムスタンプのエフェクトを使う方法

という3つの方法があります。

それぞれのやり方を理解しておくと、状況に応じて使い分ける事ができるので、よりクオリティの高い動画に仕上げることが可能です。

詳しいやり方についてはこちらのリンクから確認する事ができるので、カウントダウンやカウントアップを入れる方法を詳しく知りたい人はチェックしてみて下さい!
check!
>>カウントダウン/カウントアップを入れる方法を確認する!

 

クロマキー合成で動画や画像を透過させる方法

グリーンバックで撮影した動画や画像をクロマキー合成したいけどやり方がわからないと悩んでいませんか?

クロマキー合成のやり方がわかってしまえば、好きな動画や画像の中に自分の姿を合成する事ができるので、かなり凝った面白い動画も作成することが可能です。

以下のリンクからPowerDirectorでクロマキー合成を行う方法を確認する事ができますが、どうやってクロマキー合成をするための動画を準備したら良いのかわからない人もいるのではないでしょうか?

そんな人のために、クロマキー合成の事前知識だったり、撮影する時に準備する物についても解説しているので、そのような人も以下のリンクからやり方を確認してみて下さい。
check!
>>クロマキー合成で動画や画像を透過させる方法を確認する!

 

トランジションを追加するやり方

場面が大きく変化した時にオシャレに・カッコ良く画面を切り替えたい人もいると思いますが、その場合は動画や画像にトランジションを追加するのがおすすめです。

トランジションを追加する事で以下の動画のようにカッコよく画面を切り替えることが可能となっており、

簡単に動画自体のクオリティも上げる事ができるので、できるだけ積極的に取り入れていくのがおすすめです。

ちなみに、サブスクリプション版のPowerDirector 365・Director Suite 365を使用している場合、無料で新しいトランジションをダウンロードできるようになっており、既存のトランジションでは物足りない場合は新しく追加できるようになっています。

トランジションを動画内に追加する方法や、新しいトランジションダウンロード方法については、以下のリンクから確認できるようになっているので、気になる人はチェックしてみて下さい!
check!
>>トランジションの追加方法とダウンロード方法を確認する!

 

モーショントラック機能で動く被写体に追従させて文字/画像/モザイクを入れる方法

動く被写体に追従させて文字や画像、モザイクを入れたい人もいると思いますが、やり方が良く分からない人もいるのではないでしょうか?

動く被写体に対して追従させるにはモーショントラック機能を使用する事でできるようになっており、やり方さえ覚えてしまえば以下のようなクオリティの高い動画を簡単に編集する事が可能です。

モーショントラック機能の詳しい使い方や、注意するべきポイントについてまとめたページを作成しているので、この編集方法が気になる人は以下のリンクからチェックしてみて下さい!
check!
>>モーショントラック機能で動く被写体に追従させて文字/画像/モザイクを入れる方法を確認する!

 

こんな時はどうする?

プレビューがカクカクしたり音ズレする場合

動画編集する時はプレビュー画面を見ながら確認していくと思いますが、プレビュー画面が重くなってカクカクしたり、音ズレしてしまってまともに編集画面を確認できないと悩んでいませんか?

結論から言ってしまうと”PCのスペック不足”が原因で、例えば、

・2Kや4Kという解像度が高くて処理の重い動画を編集している
・動画のエフェクトやアニメーション、タイトルの重ねすぎている
・早送りする時に再生速度を上げすぎている

このようなPCに負荷がかかりやすい編集をやっていると、重い処理を捌ききれずにプレビューの映像や音声に異常が出てきます。

ただ、以下のリンクのページで解説している4つの対処法を行えば、処理が重い編集を行う時の負荷を軽減する事ができるので問題無くプレビューを確認する事ができるようになります。

さらに、プレビューだけでなく編集中の動作や動画として出力する時のスピードも向上するので、詳しいやり方はこちらからチェックしてみて下さい!
check!
>>PowerDirectorのプレビューがカクカク・音ズレする時の4つの対処法を確認する!

 

PowerDirectorでサムネイルを作成してみたい場合

PowerDirectorで動画を出力したら、そのまま動画用のサムネイルも作成したい人もいるのではないでしょうか?

PowerDirectorは動画編集ソフトでありながら画像の編集を行う事もできますし、文字を入れたり、画像を切り抜いたり、ぼかしを入れるといった機能があるので、動画用のサムネイルを作成できるようになっています。

これまで解説してきたPowerDirectorの編集方法をある程度理解する事ができているのなら、非常に簡単にサムネイルを作成する事ができるので、やり方が気になる人はこちらのページからチェックしてみて下さい!
check!
>>PowerDirectorで動画用サムネイルを作成する方法を確認する!

 

まとめ

今回は、PowerDirectorの使い方を一挙まとめて解説しました!

ちなみに、自分は「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルと「しふぁの作業部屋」というこれからYouTubeを始めたい人向けの情報を発信しているチャンネルを運営していますが、両方のチャンネルとも収益化の条件である、

・登録者1000人
・直近12ヶ月の総再生時間が4000時間以上

この条件をクリアしており、収益化もしています。

特に「しふぁの作業部屋」ではたった4ヶ月間・3日に1本動画を投稿するだけで収益化する事ができたので、その時のノウハウをまとめた記事をnoteにて販売しております。

少しでも早くYouTubeチャンネルを大きくしたい!収益化まで行きたい!と考えている人にとって役に立つ情報を紹介しているのでチェックしてみて下さい!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
アバター

1993年5月生まれ。
WEB関係のお仕事で独立し、YouTubeで「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルを運営中。
アクションゲームを中心に18時頃からほぼ毎日生配信をしたり、初見実況動画や解説動画を投稿しています。
さらに、第2のYouTubeチャンネル「しふぁの作業部屋」も運営中!
主にこのブログの記事を動画化して投稿しているチャンネルで、ゲーム実況に必要なガジェットのレビュー・設定方法・使い方・撮影編集作業のやり方など実際に経験したことや、ゲーム実況をこれから始めたいけど、何からやれば良いのかわからないあなたの悩みが少しでも晴れるように、有益な情報をお届けします!

しふぁをフォローする
PowerDirector
スポンサーリンク
しふぁをフォローする
しふぁチャンネルのゲーム実況ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました