PowerDirector無料体験版のダウンロード方法と使い方を解説!


「ゲーム実況動画を作成したいけど動画編集ソフトって何が良いのかな?」

と悩んでいる人もいると思いますが、WindowsのPCで動画編集するのであればPowerDirector(パワーディレクター)が非常に有名です。

私自身「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルを運営していますが、動画編集する時はPowerDirectorを使って動画を作成しています。

画面も見やすくて使いやすく、様々な編集を簡単に行うことができるので、見ごたえのある動画を作成できるのが魅力ですね。

ただ、有料ソフトという事で購入をためらっている人もいるのではないでしょうか。

そんな人のために、PowerDirectorは無料体験版が利用できるようになっているので、そのダウンロード方法と使い方をこの記事で確認して検討してみて下さい。

スポンサーリンク

PowerDirector(パワーディレクター)とは?

そもそもPowerDirector(パワーディレクター)について良く分からない人もいると思うので簡単に解説したいと思います。

 

PowerDirectorとは、CyberLink(サイバーリンク)が開発・販売しているWindows用の動画編集ソフトになります。
サイバーリンク

Macは対応していないので注意してください。

 

国内販売シェアNo.1を何年も連続で獲得した事がある人気の動画編集ソフトとなっており、操作方法も慣れれば非常に簡単!

カット編集はもちろん、BGMや効果音を入れたり、字幕を入れたり、エフェクトを入れて華やかにしたりとたくさんの機能を使用できるので、初心者でもプロ並みのビデオ作品を作る事も可能となっています。

ちなみに、無料の動画編集ソフトの場合、音声波形を見る事ができないことが多いですが、PowerDirectorを使えば音声波形を見ながら編集することができますね。

さらに、個人的な意見ではありますが、無料編集ソフトに比べると、編集前の動画を編集ソフトに取り込ませるスピードが早いですし、画面も見やすい事もあって、無料編集ソフトで編集するよりも作業効率が格段にアップして時間短縮になった経験があります。

 

ここを見ているあなたは、

「これからYouTubeで動画投稿したい!」

と思って、私と同じようにゲーム実況動画などを作ろうと考えているかもしれませんが、学校や仕事に行きながら空いた時間で活動したいと考えている人も多いのではないでしょうか?

お金が無いから無料編集ソフトで済ませたいという気持ちももちろんわかります。

しかし、

”安物買いの銭失い”

とでも言いますか、

”無料で使えるけど作業効率が悪くて時間を失う”

みたいな事になってしまうので、私自身としては有料だけど豊富な機能と作業効率を考えてPowerDirectorを使うことをおすすめします。

 

ちなみに、PowerDirectorには複数の製品があり、

・ULTRA
・ULTIMATE
・ULTIMATE SUITE
・365

という、4種類の製品が販売されています。

記事の最後で4つの製品について詳しく解説していますが、使う人の状況に合わせて動画編集ソフトの内容や機能、料金から選ぶことも可能です。

そんな人気動画編集ソフトを今回は無料で体験する事ができるので、購入するか・しないかを検討している方は、無料体験版を試してから購入するのをおすすめします。

 

PowerDirectorの無料体験版ではどんなことができるの?

PowerDirectorの無料体験版ではどんなことができるか気になる方もいるのではないでしょうか。

無料体験版でも製品版と同じように、動画のカット編集ができたり、BGMや画像を入れたり、テキストを入れて振動させるなどの動きを加えることができたり…

とにかくたくさんの編集を加えることができるので、動画編集初心者の方や、初めて動画編集ソフトを使う人の場合、全ての機能を使いこなすことはハッキリ言って不可能だと思います。笑

 

それくらい充実した編集機能を使える半面、やっぱりいくつかの制限もあって、

・無料体験版を利用できるのは31日間のみ。
・利用できるテンプレートの数、エフェクトの数に制限がある。
・作った動画の冒頭5秒にロゴが入ってしまう。

などといった制限がかけられています。

まぁ、無料体験版なのでしょうがないですね。

 

あくまで、

「動画編集ってどんな感じでやるんだろう?」

「今使っている動画編集ソフトはこんな感じだけど、PowerDirectorはどんな感じだろう?」

と思っている人が、無料体験版に軽く触れて動画編集のイメージを掴むのに使ってもらえたらと思います。

そして、そのイメージを感じてから購入するか・しないかを検討すると良いでしょう。

スポンサーリンク

PowerDirectorの無料体験版のダウンロード方法

それではPowerDirector(パワーディレクター)の無料体験版のダウンロード方法を解説していきます。

無料体験版をダウンロードするには、PowerDirectorの販売ページに行く必要があるので、以下のリンクをクリックして販売ページに移動しましょう。
check!
>>PowerDirector販売ページ

 

実際にPowerDirectorの販売ページに行くと、以下の画像のような画面になっています。

画面左側に「無料体験版」というボタンがあるのでこちらをクリックしましょう。

 

ブラウザをChrome(クローム)にしていると、画面左下にPowerDirectorの無料体験版のインストーラーがダウンロードされるので、こちらをクリックしてインストーラーを起動します。

ちなみに、「ラーニングセンターへ」という所をクリックすると、PowerDirectorの使い方(チュートリアル)を確認する事ができるので、合わせてチェックしておきましょう。

 

Chrome以外を使っていて、どこにダウンロードされたのかわからない場合は、「PC(マイコンピューター)→ダウンロード」とクリックすると、「CyberLink_PowerDirector_Downloader.exe」というのがあるので、こちらをクリックします。

 

インストーラーをクリックすると、以下のようなPowerDirectorの無料体験版をダウンロードする場所を決める画面が表示されます。

ダウンロードする場所にこだわりが無い場合はそのままでも大丈夫なので「開始」をクリックします。

 

ダウンロードが終わると、今からインストールするか確認されるので「インストール」をクリックします。

 

以下のような確認画面が表示されたら「はい」をクリックします。

 

インストールする言語と場所を決める画面が表示されるので、設定したら「次へ」をクリックします。

 

ライセンス契約の文章が表示されるので、内容を読んで大丈夫ならば「同意する」をクリックします。

 

インストールが始まるので、終わるのを待ちましょう。

 

無事にインストールが完了したら以下のような画面が表示されるので、「PowerDirectorの起動」をクリックします。

 

すると、サインイン画面が表示されるので、すでにアカウントをお持ちの方はメールアドレスとパスワードを入力してサインイン。

まだメンバーでない場合はクイック登録から登録しましょう。
※私はすでに登録しているので、メンバーでない方は案内に沿って登録してください。

 

サインインできたら以下のような画面が表示されます。

「パフォーマンス向上のため、GPUのハードウェアアクセラレーションを最適化しますか?」

と出てくるので「はい」をクリックします。

これはPowerDirectorの機能の1つで、コレをやっておくとPowerDirectorのパフォーマンスが向上し、快適で高速な編集作業を行うことができます。

 

分析中となるのでしばらく待ちます。

 

画面が消えたら大丈夫なので「フルモード」をクリックします。

 

このような画面が表示されますが、画面右下の「無料版を起動する」をクリックします。

 

これでPowerDirectorの動画編集画面を表示させることができました!

この画面内で動画をカットしたり、BGMを入れたり、画像を入れたりすることが可能なので、実際に触ってみて動画編集のイメージを掴んでみて下さい。

 

PowerDirectorの使い方

PowerDirectorの無料体験版はいくつか機能に制限がありますが、使い方に関しては製品版と全く同じと言っても良いです。

ちなみに私自身「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルを運営していますが、いつも動画編集する時はPowerDirectorを使って動画を作成しています。

なので、その実際の経験を元に、PowerDirectorの使い方をまとめた記事を作成しているので、こちらから動画編集のやり方を確認して動画編集をやってみましょう!
check!
>>PowerDirectorの使い方まとめページを確認する!(記事準備中です)

 

ちなみに、CyberLinkの公式サイトでもPowerDirectorの使い方(チュートリアル)が解説されています。

今現在PowerDirectorの使い方まとめページは準備中ですので、こちらを確認しながら動画編集してみて下さい!
check!
>>CyberLink公式サイトのPowerDirectorの使い方を確認する!

 

PowerDirectorを購入したいと思ったら

実際にPowerDirectorを使ってみて、

「製品版を購入したい!」

と思ったのであれば、こちらから購入する事が可能です。
サイバーリンク

しかし、

・ULTRA
・ULTIMATE
・ULTIMATE SUITE
・365

という、4種類の製品が販売されており、どれを購入したら良いのかわからない人もいるのではないでしょうか?

 

それぞれの製品について簡単に解説しますが、

ULTRAは最も料金が安いですが、動画編集ソフトだけの販売となっています。

1度買ってしまえば追加料金などは発生せず、ずっと使用することが可能です。

 

ULTIMATEは、動画編集ソフト+追加機能&エフェクトが搭載されているちょっとお得な製品となっています。

こちらも1度買ってしまえば追加料金などは発生せず、ずっと使用することが可能ですが、ULTRAと比べると少し料金が高くなっています。

 

ULTIMATE SUITEは、先ほどのULTIMATE版+音声編集+色編集ソフトがついた製品で、どちらかといえばプロ向けの製品となっています。

こちらも1度買ってしまえば追加料金などは発生せず、ずっと使用することが可能ですが、ULTIMATEよりもさらに料金が高くなっています。

 

365は動画編集ソフト+プレミアムコンテンツが付いた製品で、毎月料金を支払う定額制となっています。

1か月あたり517円から利用することができ、12か月あたり6200円という格安料金で利用できるのが魅力ですね。

特定の期間中だけだったり、短い期間しか使わないのであれば非常におすすめです。

 

ちなみに、私はULTIMATEを購入しました。

動画編集ソフト+追加機能&エフェクトが付いているのでお得だなと思いましたし、動画編集に関しては毎月かなりの頻度でやるので、365と料金を比べると31か月使用すればこちらの方が安くなります。

もう1つ上のランクのULTIMATE SUITEもありましたが、こんなに良いのはいらないと当時は思っていましたし、購入して実際に使っている今現在でもULTIMATEの機能で十分だなと思っているので後悔はしていませんね。

・動画編集をどれくらいの頻度で行うのか。
・どれくらいの動画編集レベルを求めるのか。

というので、求める製品が変わってくると思うので、しっかりと内容を吟味してから購入するようにしてくださいね!
サイバーリンク

まとめ

今回は、PowerDirectorの無料体験版のダウンロード方法と使い方を解説しました!

ちなみに、動画編集をする時はPCの性能も大きく関わっています。

PCスペックが低すぎると長時間の動画を編集したら処理が追い付かずにフリーズしてしまったり、動画として書き出しする時間がめちゃくちゃ長かったりするので注意が必要です。

ちなみに、本ブログ内でゲーム実況を配信するのに必要なPCスペックを紹介していますし、選び方やおすすめPCも紹介しています。

以下のページで紹介しているくらいのPCスペックがあれば、動画編集もサクサクと行うことができるので要チェックですよ!
check!
>>ゲーム実況を配信するのに必要なPCスペックと選び方、おすすめも確認する!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
アバター

1993年5月生まれ。
WEB関係のお仕事で独立し、YouTubeで「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルを運営中。
アクションゲームを中心に18時頃からほぼ毎日生配信をしたり、初見実況動画や解説動画を投稿しています。
さらに、第2のYouTubeチャンネル「しふぁの作業部屋」も運営中!
主にこのブログの記事を動画化して投稿しているチャンネルで、ゲーム実況に必要なガジェットのレビュー・設定方法・使い方・撮影編集作業のやり方など実際に経験したことや、ゲーム実況をこれから始めたいけど、何からやれば良いのかわからないあなたの悩みが少しでも晴れるように、有益な情報をお届けします!

しふぁをフォローする
PowerDirector
しふぁをフォローする
しふぁチャンネルのゲーム実況ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました