PowerDirectorで動画を早送り/スローモーションの編集をする方法!


PowerDirector(パワーディレクター)で作業中の様子といった時間が長い動画を早送りしたり、決定的瞬間をスローモーションにして迫力のある映像にしたいけどやり方がわからないと悩んでいませんか?

ちなみに、自分はYouTubeで「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルや「しふぁの作業部屋」というチャンネルを運営していますが、それらのチャンネルに投稿する動画は全てPowerDirectorを使用して編集しています。

使い方に関しては熟知しておりますので、今回は実際の経験を元に、PowerDirectorで動画を早送りやスローモーションの編集をする方法について解説していきます!

スポンサーリンク

check!
🔽初心者でもわかりやすいと評判のPowerDirectorでの編集方法をまとめたページもチェックして、使い方をマスターしよう!
>>PowerDirectorの使い方まとめページを確認する!

動画でも解説しています

早送りやスローモーションの編集をする方法

それでは早送りやスローモーションの編集をする方法を解説していきます。

ちなみに、このページはPowerDirector 365での画面を元に解説していきます。

PowerDirector 365は常に最新版となっており、PowerDirector 15、16、17、18、19を使用している場合は画面の仕様が異なる場合があるので予めご了承ください。

ちなみに、PowerDirectorをまだ購入していない人や無料体験版からアップグレードしたい人もいると思いますが、こちらから購入方法とインストール方法を確認する事ができるので、やり方がわからない場合はチェックしてみて下さい!
check!
>>PowerDirector(製品版)の購入方法とインストール方法を確認する!

サイバーリンク公式オンラインストア

 

それではやり方を解説していきますが、早送りやスローモーションの編集を行いたい動画をクリックして選択すると「ツール」という項目が表示されるのでこれをクリックし、「動画速度」をクリックしてください。

 

すると、ビデオスピードデザイナーという画面が表示されます。

この画面では、

・動画全体を早送り/スロー再生
・動画内の選択した範囲のみ早送り/スロー再生

この2つの事ができるようになっているのでそれぞれ解説していきます。

 

動画全体を早送り/スロー再生

まずは、動画全体を早送りしたりスロー再生する方法についてですが、「クリップ全体」というタブが選ばれている事を確認して下さい。

 

次に、「新規の動画長さ」という項目がありますが、元の動画長さよりも早く設定すれば早送りになり、元の動画長さよりも長く設定すればスロー再生になります。

 

例えば動画を早送りしたくて動画全体の長さを5秒にしたいのなら、数字部分をクリックして「05:00」と入力してください。

ちなみに、数字を入力する事でその下にある「可変速」の数値も変化しますが、動画時間にこだわりが無いのなら「可変速」の数値を調整する事でも早送りやスロー再生を行うことが可能です。

 

ちなみに、画面右側に歯車マークがありますが、こちらをクリックすると、

 

設定という画面を開くことができます。

この画面で特に重要なのが「音声ピッチの保持(0.5X~2Xのみ)」という項目で、音声が入った動画を編集する時だけ設定する事ができ、初期設定ではチェックが入った状態になっています。

 

このチェックが入った状態だと、スロー再生で0.5以下・早送りで2以上に設定すると、動画の音声が聞こえなくなってしまうので、音声も入れたいのであればチェックを外すようにして下さい。

 

あと、補間設定という項目があって「可能時に保管技術を適用する」というのがありますが、その隣にあるiマークをクリックすると、詳しい説明を確認する事ができます。

 

その内容としては、0.20・0.25・0.33…といったこれらの速度に設定した場合に補間技術によってフレームレートが保持されて、動画がスムーズに表示されるようになる機能という説明になっています。

なので、スロー再生を行いたいのであれば、これらの速度に設定して「可能時に保管技術を適用する」にチェックを入れておくと動画がスムーズに表示されるようになるのでやっておくのがおすすめです!

 

あとは再生ボタンをクリックして状況を確認し、大丈夫なら「OK」をクリックして編集を確定しましょう!

 

映像だけ早送りやスロー再生を行って、映像に合うように音声を流す方法

ちなみに、ちょっとした豆知識を解説しておきますが、映像だけ早送りやスロー再生を行い、その映像に合うように音声を流したい人もいるのではないでしょうか?

その場合は、動画の上で右クリックして「動画と音声をリンク/リンク解除」をクリックし、映像と音声を別々に切り離します。

そのあとに早送りやスロー再生中に流したい音声をカット編集しましょう。

 

次に、音声の1番最初にタイムラインスライダーを合わせたら、タイムラインスライダーの黄色の四角にカーソルを合わせて下さい。

すると黄色のカーソルに変化するので、

 

この状態でドラッグして、音声の1番最後に合わせてください。

すると、選択した範囲の全体の長さが表示されます。

 

あとは、映像の早送りやスロー再生の設定をする時にこの時間を入力して「OK」をクリックすれば、

 

音声にピッタリと合うように早送りやスロー再生を行うことができるので覚えておきましょう!

 

ちなみに、この状態でプレビューを確認すると、プレビュー画面がカクついてしまったり、音ズレしてしまって動画が確認しにくい場合があります。

特に早送りの編集はPCに負荷がかかりやすくなっていて、使用しているPCのスペックが足りないとこのような症状が出てきてしまうので注意が必要です。

ちなみに、以下のページで解説しているプレビュー画面がカクついたり・音ズレする時の対処法を行えば改善する場合もあるので、気になる人はやり方をチェックしてみて下さい!
check!
>>PowerDirectorでプレビュー画面がカクつく・音ズレする時の対処法を確認する!

スポンサーリンク

動画内の選択した範囲のみ早送り・スロー再生

次に動画内の選択した範囲のみ早送りやスロー再生を行う方法を解説します。

ビデオスピードデザイナーの画面を開いたら、「選択した範囲」というタブがあるのでこちらをクリックしてください。

 

すると、このような画面が表示されます。

 

画面下にタイムラインスライダーがありますが、再生や一時停止をしながら早送りやスロー再生を開始したい部分に位置を合わせたら、「タイムシフトの作成」をクリックしてください。

 

すると、「1.000 X」という枠が表示されますが、この枠の範囲内の再生速度を調整できるようになっているので、「所要時間」や「可変速」を調整して早送りやスロー再生の編集を行いましょう。

 

ちなみに、再生速度を調整できる枠の両端にカーソルを合わせると↔に変化しますが、この状態で左右にドラッグする事で「可変速」を維持したまま「所要時間」を変更する事ができるので覚えておきましょう。

 

あと、選択している範囲が2秒以上ある時に限り、

・イーズイン
・イーズアウト

この2つの項目が選択できるようになっています。

「イーズイン」にチェックを入れるとゆっくりと早送りやスロー再生が始まるようになり、「イーズアウト」にチェックを入れるとゆっくりと早送りやスロー再生が終わるようになるので確認してみて下さい。

 

ちなみに、この方法でも同じように画面右側に歯車マークがありますが、こちらをクリックすると、

 

設定という画面を開くことができます。

この方法から確認する人もいるかもしれないのでもう1度解説しますが、この画面で特に重要なのが「音声ピッチの保持(0.5X~2Xのみ)」という項目で、音声が入った動画を編集する時だけ設定する事ができ、初期設定ではチェックが入った状態になっています。

 

このチェックが入った状態だと、スロー再生で0.5以下・早送りで2以上に設定すると、動画の音声が聞こえなくなってしまうので、音声も入れたいのであればチェックを外すようにして下さい。

 

あと、補間設定という項目があって「可能時に保管技術を適用する」というのがありますが、その隣にあるiマークをクリックすると、詳しい説明を確認する事ができます。

 

その内容としては、0.20・0.25・0.33…といったこれらの速度に設定した場合に補間技術によってフレームレートが保持されて、動画がスムーズに表示されるようになる機能という説明になっています。

なので、スロー再生を行いたいのであれば、これらの速度に設定して「可能時に保管技術を適用する」にチェックを入れておくと動画がスムーズに表示されるようになるのでやっておくのがおすすめです!

 

あとは再生ボタンをクリックして状況を確認し、大丈夫なら「OK」をクリックして編集を確定しましょう!

 

ちなみに、早送りの編集を確定した後にプレビューで確認しようとすると、プレビュー画面がカクついてしまったり、音ズレしてしまって動画が確認しにくい場合があります。

この編集はPCに負荷がかかりやすくなっていて、使用しているPCのスペックが足りないとこのような症状が出てきてしまうので注意が必要です。

ちなみに、以下のページで解説しているプレビュー画面がカクついたり・音ズレする時の対処法を行えば改善する場合もあるので、気になる人はやり方をチェックしてみて下さい!
check!
>>PowerDirectorでプレビュー画面がカクつく・音ズレする時の対処法を確認する!

 

製品版を購入したいと思ったら

ちなみに、PowerDirectorの無料体験版を使用している人もいるかもしれませんが、

・無料体験版を利用できるのは30日間のみ。
・利用できるテンプレートの数、エフェクトの数に制限がある。
・作った動画の冒頭5秒にロゴが入ってしまう。

などといった制限がかけられており、これから本格的に動画投稿をしていきたいのなら、正直に言って無料体験版は使用しにくいのでおすすめしません。

あくまで、どんな感じで動画編集できるのかを確認するために使用するのがおすすめです。

 

ちなみに自分は、「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルと「しふぁの作業部屋」というこれからYouTubeを始めたい人向けの情報を発信しているチャンネルを運営してますが、これらに投稿する動画はサブスクリプション版のPowerDirector 365で動画編集を行って投稿しています。

PowerDirector 365だと常に最新の状態で使用する事ができるので、新機能が追加された時や、より使いやすい新しい画面仕様になっても無料でアップデートして使用する事ができ、他のエディションと比べても機能制限が無いので快適に使用できるようになっています。

また、365ユーザーだけが無料で使用できるエフェクトなどが非常にクオリティが高く、これを使用するだけで簡単にクオリティの高い動画を作成できるので非常におすすめです!(個人的にはトランジションには感動しましたw)

 

もしかすると、

「無料体験版は使いにくいから製品版を購入したい!」

と考えている人もいるのではないでしょうか?

以下のリンクから自分が実際にPowerDirector 365を購入した時のやり方とインストール方法をまとめた記事を確認できるので、購入方法がわからない人はチェックしてみて下さい♪
check!
>>PowerDirector(製品版)の購入方法とインストール方法を確認する!

また、PowerDirector 365に関しては時期によってお得なセールも行われてます!

お得なセールが行われているのかは以下のリンクから確認できるので、購入する時はそれを見逃さないようにして下さいね♪

サイバーリンク公式オンラインストア

 

また、自分のブログではPowerDirectorの使い方をまとめたページを作成しており、

・PowerDirectorの購入方法や製品の違い
・購入後の初期設定方法

・初心者でもわかりやすい動画編集のやり方
・中級者以上におすすめな動画編集のやり方

・困った時の対処法

などを確認できるようになっています。

これらの情報は実際に自分が経験したことを元に作成していますし、各ページではやり方を解説した動画も一緒に掲載しています。

初心者の方でもわかりやすい内容になっているので、製品版を購入してわからない事がある場合はこちらのまとめページから知りたい情報を選択してやり方を確認してみて下さい!
check!
>>PowerDirectorの使い方まとめページを確認する!

 

まとめ

今回は、PowerDirectorで動画を早送りしたり、スローモーションの編集をする方法について解説しました!

ちなみに、自分は「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルと「しふぁの作業部屋」というこれからYouTubeを始めたい人向けの情報を発信しているチャンネルを運営していますが、両方のチャンネルとも収益化の条件である、

・登録者1000人
・直近12ヶ月の総再生時間が4000時間以上

この条件をクリアしており、収益化もしています。

特に「しふぁの作業部屋」ではたった4ヶ月間・3日に1本動画を投稿するだけで収益化する事ができたので、その時のノウハウをまとめた記事をnoteにて販売しております。

少しでも早くYouTubeチャンネルを大きくしたい!収益化まで行きたい!と考えている人にとって役に立つ情報を紹介しているのでチェックしてみて下さい!

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人
アバター

1993年5月生まれ。
WEB関係のお仕事で独立し、YouTubeで「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルを運営中。
アクションゲームを中心に18時頃からほぼ毎日生配信をしたり、初見実況動画や解説動画を投稿しています。
さらに、第2のYouTubeチャンネル「しふぁの作業部屋」も運営中!
主にこのブログの記事を動画化して投稿しているチャンネルで、ゲーム実況に必要なガジェットのレビュー・設定方法・使い方・撮影編集作業のやり方など実際に経験したことや、ゲーム実況をこれから始めたいけど、何からやれば良いのかわからないあなたの悩みが少しでも晴れるように、有益な情報をお届けします!

しふぁをフォローする
PowerDirector
しふぁをフォローする
しふぁチャンネルのゲーム実況ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました