PowerDirectorでの音楽や効果音の入れ方!音量調節やフェードアウトのやり方も解説!


「PowerDirector(パワーディレクター)で音楽(BGM)や効果音を入れたいけど入れ方がわからない…」

と悩んでいませんか?

ちなみに自分は「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルや「しふぁの作業部屋」というYouTubeチャンネルを運営していますが、これらのチャンネルで投稿する動画は全てPowerDirectorを使って動画を作成しているので使い方に関しては熟知しております。

なので実際の経験を元に、PowerDirectorで音楽(BGM)や効果音の入れ方について解説します!

さらに、音量調節する方法やフォードイン・フェードアウトする方法についても解説しているので要チェック!

スポンサーリンク

check!
🔽初心者でもわかりやすいと評判のPowerDirectorでの編集方法をまとめたページもチェックして、使い方をマスターしよう!
>>PowerDirectorの使い方まとめページを確認する!

動画でも解説しています

音楽(BGM)や効果音を入れる方法

それではPowerDirectorで音楽(BGM)や効果音を入れる方法を解説していきます。

ちなみに、このページではPowerDirector 365での画面を元に解説していきます。

PowerDirector 365は常に最新版となっており、PowerDirector 15、16、17、18、19を使用している場合は画面の仕様が異なる場合があるので予めご了承ください。

ちなみに、PowerDirectorをまだ購入していない人や無料体験版からアップグレードしたい人もいると思いますが、こちらから購入方法とインストール方法を確認する事ができるので、やり方がわからない場合はチェックしてみて下さい!
check!
>>PowerDirector(製品版)の購入方法とインストール方法を確認する!

サイバーリンク公式オンラインストア

 

実際のやり方についてですが、ダウンロードした音楽や効果音をドラッグしてPowerDirector内にドロップしてください。

 

すると、PowerDirectorのメディアルーム内に音楽や効果音が表示されます。

ちなみに、音楽や効果音をまだダウンロードできていない人もいるのではないでしょうか?

そんな人は、自分が音楽をダウンロードするのに良く使用しているサイトを5つまとめて紹介しているページを作成しているので、気になる人は以下のリンクから各サイトを確認して音楽をダウンロードしてみて下さい。
check!
>>YouTubeで使える音楽/BGMで著作権フリー・ロイヤリティフリーのおすすめサイト5選

 

効果音に関しては、自分は「効果音ラボ」というサイトの効果音を使用しております。

それ以外のサイトの効果音は使用していませんが、ググれば効果音をダウンロードできるサイトがいくつかあるので、好みの効果音を探してみて下さい。

 

音楽や効果音をPowerDirectorに読み込ませることができたら、それをドラッグしてタイムライン上にドロップして下さい。

 

あとは同じ要領で映像もタイムライン上に表示させ、

 

音楽の長さが映像に合うようにカット編集しましょう。

ちなみに、カット編集方法がわからない場合は、以下のリンクのページで分割/カット編集する方法を確認する事ができますし、便利なショートカットキーについても解説しているので気になる人はチェックしてみて下さい。
check!
>>PowerDirectorで動画を分割/カット編集する方法を確認する!

スポンサーリンク

音楽(BGM)や効果音の音量調節方法

次に、音楽(BGM)や効果音をそのまま入れるだけでは音量が大きすぎたり・小さすぎる場合もあるので音量調節を行っていきます。

やり方としては、カーソルを音楽や効果音の中にある線に合わせると「↕」に変化するので、この状態で上にドラッグすると音量を上げる事ができ、下にドラッグすると音量を下げる事ができます。

 

ちなみに、オーディオトラックの高さが高くなるほど細かく音量調節する事ができ、高さが低くなるほど大まかに音量調節できるようになっているので、状況に合わせて高さを変更してください。

 

あと、音量を1番下まで下げると「-∞」と表示されますが、この状態の時は無音になるので覚えておきましょう。

 

ちなみに、個人的に使用する事は少ないのですが、もっと細かく音量を調整したいのであれば「音声ミキシングルーム」を使用するのがおすすめです。

音声ミキシングルームを開くと「音声1」・「音声2」・「音声3」というように3つに分かれていますが、これはタイムライン上のオーディオトラックの番号と同じになっています。

トラック1に音楽や効果音を入れている場合は、音声ミキシングルームの「音声1」で調節するので覚えてきましょう。

 

調整方法としては音量調節したい音楽や効果音を選択した状態で「トラック音量」というスライダーを左右に動かすと、細かく音量を調節することができるのでやってみて下さい。

 

音楽(BGM)のフェードイン・フェードアウトのやり方

次に、音楽(BGM)を入れる時は、いきなり「ドンっ!」と音が聞こえたり、「プツっ」と音が聞こえなくなるのではなく、ゆっくりと徐々に聞こえるようになったり、聞こえなくするようにしたい人もいるのではないでしょうか?

その場合はフェードインとフェードアウトの設定を行う事で可能になるので、そのやり方を解説していきます。

 

まずはフェードインから解説しますが、音楽の音量調節ができる線の1番最初の部分にカーソルを合わせた状態でCtrlキーを押すとこのようなカーソルに変化します。

 

この状態でクリックすると、○の形をしたキーフレームが追加されます。

ちなみに、キーフレームとはエフェクトの設定値を記録できるものとなっており、途中で設定値を変更することで変化を加える事ができる編集点のような物になっています。

 

次に同じ要領でフェードインを終わらせたい場所に○のキーフレームを追加してください。

 

あとは、1番最初に追加した○のキーフレームをドラッグして「-∞」にすると、音楽が無音の状態から徐々に聞こえるようになるフェードインの編集を行うことが可能です。

 

フェードアウトの場合も同様に、○のキーフレームを追加した後にドラッグして「-∞」にすると、音楽が徐々に聞こえなくなるフェードアウトの編集を行うことが可能です。

 

ちなみに、○のキーフレームを間違えて違う場所に追加してしまった場合、削除する方法としては○のキーフレームの上でCtrlキーを押すとゴミ箱マークが表示されます。

 

この状態でクリックすると○のキーフレームを削除する事ができるので覚えておきましょう。

 

あと、個人的にあまり使用することは無いのですが、フェードイン・フェードアウトを入れる方法として「音声ミキシングルーム」を使用する方法もあります。

上の画像を見るとフェードイン・フェードアウトのボタンがありますが、このボタンをクリックするとタイムラインスライダーがある位置で選択している音楽にフェードイン・フェードアウトを入れる事が可能です。

ただ、個人的には「音声ミキシングルーム」を開いた後にタイムラインスライダーを合わせて、フェードイン・フェードアウトのボタンを押して、そのあと微調整をする必要があるので、使いにくいのであまり使用していません。

まぁ、これは好みになると思うので、自分がやりやすい方法で編集するようにして下さい。

 

ちなみに、音楽だけでなく映像や画像、文字もフェードイン・フェードアウトさせたい人もいるのではないでしょうか?

映像や文字もフェードイン・フェードアウトさせる方法に関しては、以下のリンクのページで詳しく解説しているので、やり方が気になる人はこちらからチェックしてみて下さい!
check!
>>PowerDirectorで動画/音声/画像/文字をフェードイン・フェードアウトする方法を確認する!

 

製品版を購入したいと思ったら

ちなみに、PowerDirectorの無料体験版を使用している人もいるかもしれませんが、

・無料体験版を利用できるのは30日間のみ。
・利用できるテンプレートの数、エフェクトの数に制限がある。
・作った動画の冒頭5秒にロゴが入ってしまう。

などといった制限がかけられており、これから本格的に動画投稿をしていきたいのなら、正直に言って無料体験版は使用しにくいのでおすすめしません。

あくまで、どんな感じで動画編集できるのかを確認するために使用するのがおすすめです。

 

ちなみに自分は、「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルと「しふぁの作業部屋」というこれからYouTubeを始めたい人向けの情報を発信しているチャンネルを運営してますが、これらに投稿する動画はサブスクリプション版のPowerDirector 365で動画編集を行って投稿しています。

PowerDirector 365だと常に最新の状態で使用する事ができるので、新機能が追加された時や、より使いやすい新しい画面仕様になっても無料でアップデートして使用する事ができ、他のエディションと比べても機能制限が無いので快適に使用できるようになっています。

また、365ユーザーだけが無料で使用できるエフェクトなどが非常にクオリティが高く、これを使用するだけで簡単にクオリティの高い動画を作成できるので非常におすすめです!(個人的にはトランジションには感動しましたw)

 

もしかすると、

「無料体験版は使いにくいから製品版を購入したい!」

と考えている人もいるのではないでしょうか?

以下のリンクから自分が実際にPowerDirector 365を購入した時のやり方とインストール方法をまとめた記事を確認できるので、購入方法がわからない人はチェックしてみて下さい♪
check!
>>PowerDirector(製品版)の購入方法とインストール方法を確認する!

また、PowerDirector 365に関しては時期によってお得なセールも行われてます!

お得なセールが行われているのかは以下のリンクから確認できるので、購入する時はそれを見逃さないようにして下さいね♪

サイバーリンク公式オンラインストア

 

また、自分のブログではPowerDirectorの使い方をまとめたページを作成しており、

・PowerDirectorの購入方法や製品の違い
・購入後の初期設定方法

・初心者でもわかりやすい動画編集のやり方
・中級者以上におすすめな動画編集のやり方

・困った時の対処法

などを確認できるようになっています。

これらの情報は実際に自分が経験したことを元に作成していますし、各ページではやり方を解説した動画も一緒に掲載しています。

初心者の方でもわかりやすい内容になっているので、製品版を購入してわからない事がある場合はこちらのまとめページから知りたい情報を選択してやり方を確認してみて下さい!
check!
>>PowerDirectorの使い方まとめページを確認する!

 

まとめ

今回は、PowerDirectorでの音楽や効果音の入れ方はもちろん、音量調整やフェードイン・フェードアウトのやり方についても解説しました!

ちなみに、自分は「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルと「しふぁの作業部屋」というこれからYouTubeを始めたい人向けの情報を発信しているチャンネルを運営していますが、両方のチャンネルとも収益化の条件である、

・登録者1000人
・直近12ヶ月の総再生時間が4000時間以上

この条件をクリアしており、収益化もしています。

特に「しふぁの作業部屋」ではたった4ヶ月間・3日に1本動画を投稿するだけで収益化する事ができたので、その時のノウハウをまとめた記事をnoteにて販売しております。

少しでも早くYouTubeチャンネルを大きくしたい!収益化まで行きたい!と考えている人にとって役に立つ情報を紹介しているのでチェックしてみて下さい!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
アバター

1993年5月生まれ。
WEB関係の仕事で独立し、YouTubeで「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルを運営中。
さらに、このブログと連動した第2のYouTubeチャンネル「しふぁの作業部屋」も運営しており、3日に1本・たった4ヶ月動画投稿しただけで収益化し、約1年同じペースで活動を続けると登録者数は1万人を超えました。
ちなみに、このブログではこれからYouTube活動やゲーム実況を始めたい人向けに必要な機材情報やそのレビュー/設定方法・録画や配信のやり方・編集作業のやり方・YouTubeの各機能の使い方など、実際にYouTubeチャンネルを運営するにあたって経験したことをベースに、あなたの悩みが少しでも晴れるような有益な情報をお届けします!

しふぁをフォローする
PowerDirector
スポンサーリンク
しふぁをフォローする
しふぁチャンネルのゲーム実況ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました