Filmoraの使い方!初心者でもわかりやすい動画編集のやり方を解説!

Filmora X(フィモーラ10)を使って動画編集してみたいけど、

「使い方が全くわからない…」

「そもそも購入する方法も良く分からない…」

と悩んでいる初心者さんはいませんか?

特に初めて動画編集を行おうとすると、どんな順番で編集していけば良いのかわからなかったり、たくさんある機能がそれぞれどんな働きをするのかわからなかったり、意味の分からない専門用語が多すぎて頭がパンクしそうですよね。

ちなみに、自分は「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルや「しふぁの作業部屋」というチャンネルを運営していますが、実際に動画編集を行う時にFilmora Xを使用して編集した経験がありますし、Filmora Xの解説記事や動画も投稿するほど使い方を熟知しております。

このページを確認してもらえれば、Filmora Xをダウンロードする1番最初の所から動画編集して出力するといった最後の所まで細かく使い方を確認する事ができるようになっているので、じっくりチェックしていって下さい!

スポンサーリンク

動画でも解説しています

YouTubeの「しふぁの作業部屋」というチャンネルでFilmoraの使い方を解説した動画を多数投稿しており、動画を見やすいように再生リストも作成しています。

このブログで確認するのも良いですが、動画で説明を聞きながらやり方を確認したいという人は、こちらのYouTubeの再生リストのリンクからチェックしてみて下さい!
check!
>>Filmoraの使い方をまとめた再生リストを確認する!

 

Filmoraをまだ購入していない人向けの情報

Filmoraをまだ購入していない・もしくは無料版(試用版)を使用しているけど、今後有料版(製品版)を使ってみたいと考えている人もいるのではないでしょうか?

実はFilmoraには、

という3種類の製品が販売されており、WindowsやMacで使用できるようになっています。

Filmora Goというスマホ(iPhone/Android)で動画編集ができるアプリも配信されているので気になる人はチェックしてみて下さい。

 

それぞれ無料版も利用できるようになっており、どのように動画編集する事ができるのか確認する事ができるようになっているので、個人的には無料版をまずはダウンロードして使用してみるのがおすすめです!

以下のリンクのページを確認してもらうと、それぞれのFilmora製品の違いについてより詳しく知ることができますし、無料版のダウンロード&インストール方法や、有料版の購入方法も確認する事ができるようになっています。

それぞれの違いについてわからなかったり、無料版や有料版を使用してみたい・購入してみたいけどやり方がわからないという人は、こちらのリンクから詳細情報をチェックしてみて下さい!
check!
>>Filmoraの無料版と有料版の違い/ダウンロード方法や購入方法を確認する!

 

Filmoraの初期設定/編集データ保存/動画出力のやり方

Filmoraの無料版・有料版のどっちでも良いので、実際にインストールする事ができたら、

・Filmoraの初期設定方法
・編集データの保存方法
・動画出力のやり方

この3つの方法については始めの段階でしっかりとやっておく・理解しておくのがおすすめです。

 

初期設定についてですが、これを行っておくことで動作が軽くなって編集がしやすくなったり、プレビューを確認しやすくなったり、動画として出力する時の速度を早くすることができます。

動画編集に慣れない内はとにかく時間がかかってしまうので、作業環境だけでもしっかりと整えて少しでも時間短縮できるようにあらかじめ初期設定をしておきましょう。

あと、編集データの保存方法が分かっていないと、もしもの時に編集データが消えてしまって大変なことになってしまうので、こちらもしっかりと理解しておく必要があります。

また、動画出力のやり方についてですが、これに関しては専門的な知識が必要になる所もあるので、特に初心者さんの場合はつまずきやすいポイントとなっています。

適当に設定してしまうと、せっかく頑張って編集した動画が低画質の状態で出力されてしまう可能性もあるので、出力方法をしっかりと理解しておくことは重要です。

ちなみに、これら3つの事について詳しくまとめたページを作成しており、初心者さんでもわかりやすいように解説しているので、気になる人は以下のリンクからチェックしてみて下さい!
check!
>>Filmoraの初期設定や編集データ保存方法、動画出力のやり方を確認する!

 

Filmoraでの編集方法【初級編】

動画の分割/カット編集する方法

動画編集で最も基本的な編集方法である分割とカットの編集は、初心者の人が絶対に1番最初に覚えるべき編集方法となっています。

例えば、

・無言になってしまった無意味な部分
・言い間違えてしまった部分
・「あー」とか「えー」など無駄な言葉が頻繁に繰り返される部分

このような部分は分割して範囲指定し、カット編集で削除するのがおすすめです。

そして無駄な部分を削除した後に文字を入れたり、音楽を入れたりするなどの編集を行っていくことになりますね。

分割/カット編集は最も基本的な編集方法なのでそこまで難しい編集ではありませんが、状況によっては作業量が多くて時間もかかりやすい作業になっていますし、この編集で動画の良し悪しが決まる部分にもなってくるのでかなり重要な編集となっています。

ちなみに、別のページで初心者でもわかりやすいように分割とカット編集のやり方を解説していますし、時間短縮するために覚えておきたいショートカットキーについても解説しているので、やり方が気になる人はチェックしてみて下さい!
check!
>>Filmoraで動画を分割/カット編集する方法を確認する!

 

文字(テキスト・字幕・テロップ)を入れる方法

Filmoraでカット編集が終わったら、話している言葉がわかりやすいように文字(テキスト・字幕・テロップ)を入れるのがおすすめですが、追加方法がわからないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

ちなみに、Filmoraにはプリセットとして様々なタイトルテンプレートが用意されており、それらを編集する事で簡単にオシャレな文字を動画内に入れる事ができるようになっています。

 

もちろん、自分で細かく編集する事もできるようになっていて、色やフォント、サイズの調整はもちろん、境界線やシャドウを入れたり、アニメーションを追加して動きを加えたり、力技になりますが2重縁取りした文字も作成できるようになっていますね!

それぞれのやり方については、以下のリンクのページで詳しく確認する事ができるようになっているので、文字を入れる編集を行いたいと思っているのであればチェックしてみて下さい!
check!
>>Filmoraで文字を入れる方法を確認する!

 

音楽(BGM)や効果音を入れる方法

動画内に文字を入れて字幕を作成する事ができたら、それに合わせて音楽(BGM)や効果音を入れるのがおすすめです。

音楽や効果音を入れる事でより動画の雰囲気を盛り上げる事ができたり、その言葉を強調する事もできるので、動画編集をするのであれば必ず覚えておきたい編集方法となっています。

音楽や効果音の入れ方については以下のリンクのページで詳細に解説していますし、音量調整やフェードアウト、エコーのやり方についても解説しているので気になる人はチェックしてみて下さい!
check!
>>Filmoraで音楽や効果音を入れる方法を確認する!

 

画像(写真/イラスト)を入れる方法

動画内に画像(写真/イラスト)を入れたいけど、やり方がわからないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

例えば動画内で話している事についてのイメージとして画像を入れると、視聴者からすると何について話しているのかがわかりやすいので、画像を入れる事ができるのであればできるだけ入れてあげるのがおすすめです。

 

ちなみに、以下のリンクのページでFilmoraで画像を挿入する方法を詳細に解説していますが、

・画像を反転させる方法
・画像にシャドウを入れる方法
・画像をより色鮮やかにする方法
・画像を動かす方法

といった画像の編集方法についても詳しく解説しているので、これらの事が気になる人もチェックしてみて下さい!
check!
>>Filmoraで画像を挿入する方法を確認する!

スポンサーリンク

Filmoraでの編集方法【中級~】

文字や画像を振動させるように揺らす方法

例えばFilmora(フィモーラ)で大きな声で叫んだシーンを編集する時に、このように文字(テキスト/字幕/テロップ)をブルブルと振動させるように揺らす編集をしたい人もいるのではないでしょうか?

叫ぶシーンの時に振動するように揺れる動きがあるのと無いのとではかなり印象が変わってくるので、やり方を覚えておくと今度の動画編集で非常に役に立つのでおすすめです。

ちなみに、文字や画像を振動させるには「ぶれ」の項目にあるエフェクトを使用して振動させる方法と、キーフレームを使用して振動させる方法の2種類があります。

それら2つの方法について以下のリンクのページで詳細に解説しているので、やり方が気になる人はこちらのリンクからチェックしてみて下さい!
check!
>>Filmoraで文字や画像を振動させるように揺らす方法を確認する!

 

動画にモザイクやぼかしを入れる方法

例えば撮影中に許可を得ていない人の顔がたまたま映り込んでしまったり、車のナンバープレートのような個人が特定されそうな映像をFilmoraで編集する時に、

「この部分は映したくないからモザイクやぼかしで隠したいなぁ…」

と思っている人もいるのではないでしょうか?

ただ、モザイクやぼかしの入れ方がわからなかったり、止まっているのではなく動いている状態の人の顔や車のナンバーなどをどうやって隠したらいいのかわからない人も多いと思います。

ちなみに、以下のリンクのページでは、普通にモザイクやぼかしを入れる方法はもちろん、動いている被写体に対してはモーショントラッキングという機能で追従させて隠す方法を解説しています。

さらに、Filmoraのバージョン10.5からの新機能でもある「ARステッカー」という機能を利用して被写体の顔に追従して表示される面白い演出のやり方も解説しているので、気になる人はこちらのリンクからチェックしてみて下さい!
check!
>>Filmoraでモザイクやぼかしを入れる方法を確認する!

 

クロマキー合成で動画や画像を透過させる方法

グリーンバックやブルーバックで撮影した動画や画像をクロマキー合成したいけどやり方がわからないと悩んでいませんか?

クロマキー合成のやり方がわかってしまえば、好きな動画や画像の中に自分の姿を合成する事ができるので、かなり凝った面白い動画も作成することが可能です。

以下のリンクからFilmoraでクロマキー合成を行う方法を確認する事ができますが、どうやってクロマキー合成をするための動画を準備したら良いのかわからない人のために、事前知識や準備する物、撮影方法についても解説しています。

さらに、Filmoraのバージョン10.5からの新機能でもある「AIポートレートアドオン」という機能を利用して、被写体を自動検知してグリーンバックでは無い動画の背景を透過する方法も解説しているので、気になる人はこちらのリンクからやり方を確認してみて下さい!
check!
>>Filmoraでのクロマキー合成のやり方を確認する!

 

動画を早送り/スロー再生する方法(逆再生/フリーズフレーム)

例えば長時間撮影した作業風景の様子を早送りして短く編集したり、決定的瞬間をスローモーションにして迫力のある映像にしたい人もいるのではないでしょうか?

これらの関連機能として、逆再生やフリーズフレームなどの機能もありますが、実際にこれらの機能を使用して動画編集してみるとこのような動画を作成する事もできるようになっています。

こんな感じで早送りやスローモーションの編集を行う事で迫力のある映像に仕上げる事ができるので、編集方法を知りたいという人は以下のリンクからチェックしてみて下さい!
check!
>>Filmoraで動画を早送りや/スロー再生する編集方法を確認する!

 

動画にトランジションを追加する方法

トランジションとはいったい何なのかわからない人もいるかもしれないので簡単に解説すると、画面の切り替わり方を編集する事ができる機能となっています。

例えばこのように動画を横に押しのけながら次の動画を表示させるようなシンプルな動きを加えたり、カラフルな図形を表示させながら次の動画を表示させるような編集を加える事ができます。

トランジションを追加する事で映像と映像の繋ぎ目を自然に切り替わるようにすることができますし、違うテーマについて話す時にトランジションで強調して視聴者の興味や注意を惹く効果があるので、よりクオリティの高い動画にする事が可能です。

以下のページでFilmoraでトランジションを追加する方法を詳細に解説していますし、トランジションを自作する方法についても解説しているので、やり方が気になる人はチェックしてみて下さい!
check!
>>Filmoraでトランジションを追加する方法を確認する!

 

YouTubeの動画用サムネイルを作成/保存する方法

FilmoraでYouTubeに投稿する動画の編集を行ったら、そのままサムネイル作成もやっていきたいなと考えている人もいるのではないでしょうか?

Filmoraの各編集機能を使用する事で、背景画像を入れてぼかしたり、文字(テキスト)を入れたり、枠などの装飾を加えて以下のようなサムネイルを作成する事もできるようになっています。

ちなみに、このサムネとは違った感じのサムネを作成したい人もいると思いますが、このサムネには使用していないけど、サムネイル作成時に役に立つ機能や使い方も以下のリンクのページで詳しく解説しているので、興味がある人はチェックしてみて下さい!
check!
>>FilmoraでYouTubeの動画用サムネイルを作成/保存する方法を確認する!

 

こんな時はどうする?

プレビューがカクカク/重い/音ズレする場合

動画編集する時はプレビュー画面を見ながら確認していくと思いますが、プレビュー画面が重くなってカクカクしたり、音ズレしてしまってまともに編集画面を確認できないと悩んでいませんか?
※以下の動画は1440p/60fps(2K)の動画を3倍速に編集してます。

結論から言ってしまうと”PCのスペック不足”が原因となってしまうんですが、

・2Kや4Kという解像度が高くて処理の重い動画を編集している
・動画にエフェクトやテキストなどを重ねすぎている
・早送りする時に再生速度を上げすぎている

このようなPCに負荷がかかりやすい編集をやっていると、重い処理を捌ききれずにプレビューの映像や音声に異常が出てきます。

ただ、以下のリンクのページで解説している4つの対処法を行えば、処理が重い編集を行う時の負荷を軽減する事ができるので問題無くプレビューを確認する事ができるようになります。

さらに、プレビューだけでなく編集中の動作や動画として出力する時のスピードも向上するので、詳しいやり方はこちらからチェックしてみて下さい!
check!
>>Filmoraのプレビューがカクカク/重い/音ズレする時の4つの対処法を確認する!

 

まとめ

今回は、Filmoraの使い方を一挙まとめて解説しました!

ちなみに、自分は「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルと「しふぁの作業部屋」というこれからYouTubeを始めたい人向けの情報を発信しているチャンネルを運営していますが、両方のチャンネルとも収益化の条件である、

・登録者1000人
・直近12ヶ月の総再生時間が4000時間以上

この条件をクリアしており、収益化もしています。

特に「しふぁの作業部屋」ではたった4ヶ月間・3日に1本動画を投稿するだけで収益化する事ができたので、その時のノウハウをまとめた記事をnoteにて販売しております。

少しでも早く登録者数や再生回数を増やして収益化まで行きたいと考えている人にとって役に立つ情報を解説していますし、今なら購入者限定で無料で貰えるお得な特典も用意しています!

今後も特典を増やしたり、内容のアップデートも行っていく予定なので、お得なうちにチェックしてみて下さいね♪

スポンサーリンク
この記事を書いた人
アバター

1993年5月生まれ。
WEB関係の仕事で独立し、YouTubeで「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルを運営中。
さらに、このブログと連動した第2のYouTubeチャンネル「しふぁの作業部屋」も運営しており、3日に1本・たった4ヶ月動画投稿しただけで収益化し、約1年同じペースで活動を続けると登録者数は1万人を超えました。
ちなみに、このブログではこれからYouTube活動やゲーム実況を始めたい人向けに必要な機材情報やそのレビュー/設定方法・録画や配信のやり方・編集作業のやり方・YouTubeの各機能の使い方など、実際にYouTubeチャンネルを運営するにあたって経験したことをベースに、あなたの悩みが少しでも晴れるような有益な情報をお届けします!

しふぁをフォローする
Filmora
スポンサーリンク
しふぁをフォローする
しふぁチャンネルのゲーム実況ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました