OBSの録画設定でPCゲームを1080p/60fpsの高画質で撮影する方法


「OBS Studioを使ってPCゲームを録画したいけど設定方法がわからない…」

と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

ちなみに、自分は「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルや、「しふぁの作業部屋」というこれからYouTubeを始めたい人向けの情報を発信しているチャンネルを運営していますが、このOBSを使用して動画を録画する事が多いので設定方法に関しては熟知しております。

なので今回は実際の経験を元に、OBSの録画設定でPCゲームを1080p/60fpsの高画質で撮影する方法を解説していくので最後まで確認していって下さい!

スポンサーリンク

🔽OBSの各種設定方法などの使い方を全てまとめたページはこちら!
check!
>>OBS Studioの使い方まとめページを確認する!

 

動画でも解説しています

※この動画で解説している情報は古くなっています。ブログ記事の方が最新情報となりますのでご注意ください。(今後新しい動画を作成予定です)

 

必要な準備や確認事項

まず最初にOBSで録画設定を行う前に必要な準備や確認事項をチェックしていきますが、

①OBS Studioのインストール
②使用しているPCのスペック確認
③モニターについて

これら3つの事について確認してもらう必要があります。

①OBS Studioのインストール

まず最初にOBS Studioのインストールについてですが、今回はOBS Studioで録画設定を行っていくので、まだPCにOBS Studioをインストールしていない人はインストールしてもらう必要があります。

ちなみに、少し調べるとOBS以外にもたくさんのキャプチャーソフトが存在していますが、無料で利用することができてかなりクオリティの高い録画が行えるのはOBSだけだと思っているので、個人的にOBSを使用する事を推奨しています。

まだOBS StudioをPCにインストールしていないのであれば、こちらのリンクのページからやり方を確認する事ができるので、インストール方法がわからない人はチェックしてみて下さい!
check!
>>OBS Studioのインストール方法を確認する!

 

②使用しているPCのスペック確認

次に使用しているPCのスペック確認という事ですが、OBSで高画質で録画するにはある程度のPCスペックが必要になるので、使用しているPCのスペックによっては1080p/60fpsの解像度で録画できない場合もあります。

特に重要なスペックとしてはCPU・GPU・メモリの3つになってくるのですが、OBSで1080p/60fpsで録画するために必要なPCスペックの目安を言っておくと、

・CPU:6コア/6スレッド以上
・GPU:プレイするPCゲームの推奨スペック以上
・メモリ:16GB以上

というようになっています。

ただ、これはあくまで目安となっており、処理が重たいゲームをプレイする場合はこれ以上のPCスペックが無いとPCゲームをプレイするだけで精一杯となり、1080p/60fpsの解像度で録画するだけの余裕が無いという場合もあるので注意して下さい。

 

ちなみに、自分が使用しているPCのスペック情報を言っておくと以下のようになっているので参考にしてみて下さい。(少し古いゲーミングPCを使用してますが1080p/60fpsで録画可能です)

・CPU:Intel Core i7-8086K(6コア/12スレッド)
・GPU:NVIDIA GeForce RTX2080 8GB
・メモリ:16GB(8GB×2)

 

もしも、自分が使用しているPCのスペックがわからないという人は、Windows10でのスペック確認方法を解説したページを作成しているのでチェックしてみて下さい!(違うOSを使用している場合は自分で調べるようにして下さい。)
check!
>>【Windows10】自分のPCのCPU/GPU/メモリの確認方法を確認する!

 

③モニターについて

次にモニターについて解説していきますが、PCゲームをプレイしながらOBSで録画したいのであれば、

・PCゲームを表示させるゲーム専用モニター
・OBSを表示させる裏方用モニター

というようにモニターを2台使用する事を推奨しています。

モニター1台だけでも録画できない事は無いですが、OBSでの設定が非常にやりにくくなってしまうので個人的にはおすすめしていません…。

モニターを2台使用するとなると設置する場所の問題や予算の問題も出てきますが、PCゲームの場合は2台使用した方が圧倒的に録画がやりやすいので参考にしてみて下さい。

 

ちなみに、

「テレビでも2台目のモニターの代わりにできますか?」

という質問を頂く事があります。

回答としては使用しているPCにHDMIやDisplayPortで出力できる端子があり、テレビ側にHDMIやDisplayPortで入力できる端子があるのであればモニターの代わりに使用する事が可能です。

使っていないテレビがあるのであれば、モニターの購入費用を抑えることができるので参考にしてみて下さい。

 

OBSにPCゲームの画面を映す方法

それではここからはOBSで録画設定を行っていきたいと思いますが、まだOBSにPCゲームの画面を表示させる事ができていない人もいるかもしれないので、OBSにPCゲームの画面を映す方法を解説していきます。

すでに表示させることができている場合はOBSでの録画設定方法から作業を行ってください。

 

それでは解説していきますが、まずはOBSで録画したいと考えているPCゲームを起動させて下さい。

今回はBFVというゲームの画面を表示させていこうと思います。

 

次にPCゲーム内の設定を確認していきますが、YouTubeで推奨されているアスペクト比(縦横比)は16:9となっているので、それに対応している1920×1080や2560×1440のようにアスペクト比が16:9の解像度を選択してください。

今回は1080p/60fpsで録画を行いたいという事もありますし、解像度を上げすぎると処理が重くなるので、1920×1080に設定して解説していきます。

 

PCゲーム側の設定ができたら、次はOBSの画面を操作していきたいと思いますが、PCゲームの画面の範囲外にマウスのカーソルが移動できない場合があります。

その時はWindowsのPCを使っているならWindowsキーを押すと、ゲーム画面が最小化されてカーソルをPCゲームの範囲外に移動させる事ができるので覚えておいてください。

Macの場合は自分は使った事が無くて良くわからないので、自分で対処法を調べるようにして下さい。

 

それではOBSの設定を行っていきますが、まずは画面右下にある「設定」をクリックしてください。

 

次に画面左にある「映像」の項目をクリックし、基本(キャンバス)解像度をPCゲーム内で設定した解像度に設定して下さい。

自分の場合は1920×1080に設定したので「1920×1080」と設定します。

設定できたら「OK」をクリックしてください。

 

すると、OBSに表示されている画面の大きさが基本(キャンバス)解像度で設定した大きさに変更されます。

この状態でPCゲームを表示させれば画面ピッタリに表示させることが可能です。

 

続いてPCゲームの映像をOBSに映していきますが、ゲーム画面を映す方法として、

・ゲームキャプチャ
・ウィンドウキャプチャ
・画面キャプチャ

これら3つのソースのどれかを使用する事でPCゲームをOBSに映す事ができるようになっています。

基本的にゲームキャプチャを使用する事が多いのですが、プレイするPCゲームによってはウィンドウキャプチャや画面キャプチャでないと映せない場合もあるのでそれぞれのやり方を解説していきます。

 

ゲームキャプチャで映す方法

まずは最も基本的なゲームキャプチャで映す方法を解説していきます。

この方法はBFVやAPEX、フォートナイトといったPC内にゲームをインストールして遊ぶタイプのゲームを映したい時におすすめの方法です、

まずはPCゲームを表示させたいシーンを選択したら、ソースの欄にある「+」をクリックして「ゲームキャプチャ」を選択してください。

 

すると、ソースを作成/選択という画面が表示されますが、わかりやすい名前を付けたら「OK」をクリックしてください。

今回は初期設定のまま解説していこうと思います。

 

すると、プロパティの画面が表示されますが、モードの項目を「特定のウィンドウをキャプチャ」を選択し、ウィンドウの項目にOBSに映したいPCゲームを選択してください。

設定できたら「OK」をクリックしましょう。

 

すると、OBSにPCゲームの映像が映ります。

PCゲームによってはこのようにOBSに映る映像が小さくなってしまう場合もありますが、

 

最小化されたPCゲームを表示させて操作を切り替えると、OBSの画面いっぱいに表示されます。

この時にモニターを1台しか使用していなかったら確認する事ができないので、モニターを2台使用する事をおすすめします。

 

ウィンドウキャプチャで映す方法

次にウィンドウキャプチャで映す方法を解説していきます。

この方法はChromeなどのブラウザ上で楽しめるゲームの映像を映したい時におすすめです。

今回は「Happy Wheels」というYouTubeでも割と有名なブラウザゲームを例に表示させてみたいと思います。

 

まずはブラウザゲームを表示させたいシーンを選択したら、ソースの欄にある「+」をクリックして「ウィンドウキャプチャ」を選択してください。

 

すると、ソースを作成/選択という画面が表示されますが、わかりやすい名前を付けたら「OK」をクリックしてください。

今回は初期設定のまま解説していこうと思います。

 

すると、プロパティの画面が表示されますが、ウィンドウの項目にブラウザゲームを表示させているウィンドウを選択し、カーソルを表示させたい場合はカーソルをキャプチャにチェックを入れて下さい。

設定できたら「OK」をクリックしましょう。

 

すると、OBSにブラウザゲームの画面が表示されます。

 

もしも、ゲーム画面だけを全画面で表示させたい場合は、Altキーを押しながら赤い■をドラッグすると赤い線から緑の線に変化して無駄な部分をトリミングすることができます。

この機能を利用してゲーム画面だけ表示させるように調整し、サイズ調整を行ったり、十字キーで位置を微調整しながら表示させるようにして下さい。

ちなみに、ウィンドウキャプチャで表示させる時の注意点として、ウィンドウのサイズを変更してしまうとOBSに表示される画面の大きさも変更されてしまいます。

なので、ブラウザの画面の大きさを調整してからウィンドウキャプチャでゲーム画面を表示させるようにして下さい。

 

画面キャプチャで映す方法

次に画面キャプチャで映す方法を解説していきます。

この方法はゲームキャプチャでもウィンドウキャプチャでもゲーム画面を映す事ができなかった場合におすすめの方法となっているので参考にしてみて下さい。

 

まずはPCゲームを表示させたいシーンを選択したら、ソースの欄にある「+」をクリックして「画面キャプチャ」を選択してください。

 

すると、ソースを作成/選択と表示されるので、わかりやすい名前を入力したら「OK」をクリックして下さい。

今回は初期設定のまま解説していこうと思います。

 

すると、プロパティの画面が表示されますが、画面の項目にPCゲームを表示させる予定のモニター画面を設定して下さい。

カーソルも一緒にキャプチャしたい場合は「カーソルをキャプチャ」にチェックを入れましょう。

設定できたら「OK」をクリックしてください。

 

すると、OBSにデスクトップ画面が表示されます。

もし仮に2560×1440のモニターを使用していると、基本(キャンバス)解像度を1920×1080に設定していたのでOBSの画面よりも大きく表示されてしまいますが、

 

実際に最小化していたPCゲームを表示させてみると、ゲーム内の解像度を1920×1080にしている事もあって画面ピッタリに表示されるので安心してください。

ちなみに、画面キャプチャで表示させる時のデメリットとしては、選択した画面内にある全ての物が映ってしまうので、デスクトップ画面などの見せたくない物が映り込んでしまう危険性があります。

なので、PCゲーム以外の画面を操作したいと思った時には十分注意して作業を行うようにして下さい。

スポンサーリンク

OBSでの録画設定方法

それではここからようやくOBSでの録画設定方法を解説していきますが、

・出力の設定
・音声の設定
・映像の設定

という3つの設定項目を今から設定していきます。

ちなみに、YouTubeに動画投稿する時に推奨されている設定方法で解説していくので、予めご了承ください。

また、初心者の人からすると専門用語もたくさん出てくるので大変かと思いますが、わかりやすいように解説していくので1つ1つ確認していきましょう!

 

出力の設定

それではまず最初に出力の設定を行います。

OBSの画面右下のにある「設定」をクリックしてください。

 

次に画面左の欄にある「出力」の項目をクリックし、出力モードを「詳細」に変更します。

 

すると、このような画面に切り替わるので、「録画」タブをクリックしてください。

 

次に上から順番に設定していきますが、まずは種別が「標準」であることを確認して下さい。

 

次に「録画ファイルのパス」という項目で録画した動画の保存先を決めていきますが、「参照」をクリックすると、

 

このようにPC内のどこのフォルダに録画した動画を保存するのか決める事ができるので、管理がしやすい場所を選択できたら「フォルダーの選択」をクリックしてください。

 

すると、選択したフォルダの場所が表示されます。

ちなみに、その下にある「スペースなしのファイル名を生成」のチェックは外したままにしておいてください。

 

次に録画フォーマットを「mp4」に設定します。

 

次に音声トラックの「1」にチェックマークが付いているのを確認したら、上にある「音声」タブをクリックしてください。

 

次にこのような画面が表示されるので、トラック1の音声ビットレートを「128」に設定して下さい。

設定できたら「録画」タブをクリックして元の画面に戻りましょう。

 

次にエンコーダの項目についてですが、ここは使用しているPCのGPUの性能によって「x264」「NVIDIA NVENC H.264(new)」のどちらかに設定します。

ちなみに「x264」というエンコーダはCPUを使用して録画の処理を行うようになっており、「NVIDIA NVENC H.264(new)」はNVIDIAのGPUを使用して録画の処理を行うようになっています。

PCゲームはCPUに負荷がかかりやすくなっているので、できればNVIDIAのGPUで処理を行う「NVIDIA NVENC H.264(new)」に設定した方があまり負荷がかからずに録画できるのですが、RTX2000番台以上のGPUを使用していないと「x264」より画質が悪くなってしまうので注意して下さい。

 

ただ、PCゲームを録画したいと思っている人の大半は高性能なゲーミングPCを購入している事が多いので、RTX2000番台以上のGPUを搭載していることが多くなっています。

また、自分のPCではRTX2080を使用しているので、今回は「NVIDIA NVENC H.264(new)」に設定して解説していきます。

ちなみに、AMD Radeonを使用している場合は違うエンコーダが表示されていると思いますが、自分はそれが搭載されたPCを使用した事が無くて設定方法も良くわからないので、そちらは解説を行いません。

あと、RTX2000番台よりも下のGPUを使用している場合は「x264」に設定して録画した方が画質が良くなるので、「x264」を選択して設定して欲しいのですが、「x264」での録画設定方法は別のページで解説しています。

PS4やSwitchを録画したい人向けに解説したページになりますが、目次の「出力の設定」から確認してもらえれば「x264」で設定できるのでこちらを確認してみて下さい。(設定できたらこのページに戻ってきてね)
check!
>>OBS録画設定でPS4やSwitchを1080p/60fpsの高画質で撮影する方法を確認する!

 

それでは次の設定についてですが、「出力をリスケールする」のチェックが外れている事を確認し、「カスタムマルチプレクサーの設定」は空欄になっていることを確認して下さい。

 

次にレート制御の項目を「CBR」に設定して下さい。

これを設定する事で安定したビットレートにする事ができるので、録画した動画がカクつきにくくなるなど映像が安定しやすくなります。

他にも色々と選択することができますが、様々な所から情報を調べてみたり、実際に設定して録画してみましたが、映像がおかしくなることがあったので、ここは「CBR」一択でいきましょう。

 

次にビットレートの設定を行いますが、YouTubeヘルプの「アップロードする動画におすすめのエンコード設定」のページを確認してみると、各解像度・フレームレートごとの推奨ビットレートは以下のようになっています。

ゲーム実況動画を投稿するのであれば1080p/60fpsの解像度があれば十分ですし、低スペックPCを使用しているのであれば、最低でも720p/30fpsくらいの解像度があれば何とか見れる動画にはなるかなといった感じなので、基本的に赤枠の範囲内でビットレートを決めていきます。

ちなみに、今回の場合はタイトルでも言っているように1080p/60fpsで録画を行いたいので、その場合のビットレート上限は12Mbps、Kbpsにすると12000Kbpsまで設定できるというのは分かりますか?

 

なので、ここはひとまずビットレートの欄には「12000Kbps」と設定して下さい。

録画設定が終わった後にテスト録画を行いますが、低スペックPCを使用していて上手く録画を行うことができなかった場合は、このビットレートの項目を後から調整する可能性があるので覚えておきましょう。

 

次にキーフレーム間隔については「2」秒で設定します。

 

次にプリセットについてですが、ここはひとまず「Quality」で設定してください。

ちなみに、性能が低いGPUを使用していて上手く録画を行うことができなかった場合は、このプリセットの項目を後から調整する可能性があるので覚えておいてください。

 

次にここは一気に行きますが、

・プロファイル:high
・Look-ahead:チェック無し
・心理視覚チューニング:チェック入れっぱなし
・GPU:0
・最大Bフレーム:2

この設定でOKです。

全て設定できたら「適用」をクリックしましょう。

 

音声の設定

次に音声の設定を行います。

設定画面の左側にある「音声」の項目をクリックするとこのような画面が表示されますが、一般の欄にあるサンプリングレートを「44.1kHz」に設定し、チャンネルを「ステレオ」に設定してください。

 

次にグローバル音声デバイスの欄にあるデスクトップ音声を「既定」に設定して下さい。

この設定を行わないとPCゲームの音が録画した動画に入らないので注意しましょう。

デスクトップ音声2に関しては「無効」のままで大丈夫です。

 

ここまで設定する事ができたら音声の項目は設定完了ですが、サンプリングレートを変更した事で「これらの設定を有効にするためにはプログラムの再起動が必要です。」という注意文が表示されています。(見にくくてスマン…)

 

なので、ここはひとまず「OK」を選択して設定画面を閉じて下さい。

 

すると、「今すぐ再起動しますか?」と表示されるので、「はい」を選択して再起動しましょう。

 

OBSを再起動できたら他に設定する項目があるので、同じように「設定」をクリックして設定画面を表示させてください。

 

 

映像の設定

次に映像の設定を行います。

設定画面の左側にある「映像」の項目をクリックするとこのような画面が表示されますが、基本(キャンバス)解像度はゲーム映像を映す前に設定したので解説を飛ばしたいと思います。

 

次に出力(スケーリング)解像度ですが「1920×1080」に設定して下さい。

ちなみに、この出力(スケーリング)解像度の設定は録画する動画の解像度となる設定になります。

今回は1080pの解像度で録画を行いたいので1920×1080と設定します。

もしも、低スペックPCを使用している場合は、テスト録画の状況によって720pの画質に下げる選択もしなければなりませんが、その場合はこの部分の設定を「1280×720」に変更する事になるので覚えておいてください。

 

次に縮小フィルタを設定しますが「ランチョス(先鋭化スケーリング、36のサンプル)」に設定して下さい。

 

次にFPSの設定ですが「FPS共通値」を選択して「60」と設定します。

ここまで設定できたら「OK」をクリックしましょう。

 

ここまで来たら、ひとまず録画設定は完了です。

ちなみに、これまで設定画面で設定してきた内容は、プロファイルを変更すると設定内容も変化します。

プロファイルはそれぞれに名前を付けることができ、複数作成する事ができるので、今回のPCゲーム用の録画設定はもちろん、生配信する時の設定やスマホゲーム用の設定など使い分けることが可能なので、状況に合わせて使い分けてみて下さい。

あと、実際に録画する時はマイクを使用して自分の声を入れたい人もいるのではないでしょうか?

ここでマイク設定方法を解説してしまうとものすごく長くなってしまうので、以下のリンクのページでマイク設定方法について解説しています。

マイク設定方法がわからない人はチェックしてみて下さい!
check!
>>OBSのマイク設定方法を確認する!

 

テスト録画前の準備

録画設定が終わったら実際にテスト録画をして映像や音声を確認していきますが、その前に2つほど準備してもらうものがあります。

まず1つ目はテスト録画中のCPU使用率・GPU使用率を確認するためにタスクマネージャーを表示させてください。

Windows10の場合は「Ctrl+Shift+Esc」の3つのキーを同時押しするとタスクマネージャーを起動させることができます。

もしくは、画面下の黒いタスクバーを右クリックする事でもタスクマネージャーを選択することが可能なので実際に起動させてみて下さい。

 

タスクマネージャーを表示させる事ができたら、「プロセス」のタブをクリックする事でCPU使用率とGPU使用率を確認する事ができます。

このCPU使用率とGPU使用率が70%を超えてしまうと録画した映像がカクついてしまったり、音声がおかしくなってしまう事があるので、テスト録画を実際に行っている時にCPUとGPUの使用率が70%以上にならないように確認してください。

 

次に2つ目に準備するものとしては、録画した動画の保存先を開いておいてください。

テスト録画を行った後は録画した動画を確認してカクつきが無いか、音声の異常は無いか、ゲーム音量やマイク音量は大丈夫なのか確認していくので、先に保存先を開いておくのがおすすめです。

やり方としては、OBSの画面の左上にある「ファイル」をクリックして「録画を表示」をクリックすると、保存先を開くことができるので準備しておいてください。

スポンサーリンク

テスト録画のやり方

ここからはテスト録画のやり方を解説していきます。

まずはOBSの画面の右下にある「録画開始」をクリックしてください。

 

録画が始まったらPCゲームの画面に切り替えてゲームを操作し、タスクマネージャーのCPUとGPUの使用率を確認しましょう。

状況にもよりますが基本的に何も動かさないと各数値は低くなり、画面を動かすと各数値が高まるので、CPU・GPUの使用率が70%を超えないかチェックしていきます。

もしも70%を超えてしまうと、録画した動画がカクついたり、音声がおかしくなるので注意しましょう。

ちなみに、よくある質問として、

「画面を動かした時に一瞬だけ70%を超える時があるけどそれは大丈夫なのか?」

という質問がくるのですが、一瞬だけならば映像がカクついたり、音声がおかしくなるという確率は低いですね。

ただ、どうしても不安が残るので、できるだけCPU・GPU使用率は70%以下に常に収まるように設定するのがおすすめです。

 

CPU・GPU使用率が70%を超えていないのであれば問題無いので、このままテスト録画を続行してゲーム映像の録画を行うのはもちろん、マイクを使用しているのであれば実際に声を出してマイク音声も収録し、良い感じに録画する事ができたら「録画終了」をクリックして下さい。

そして録画した動画を確認しながらゲーム音量の調整を行ったり、マイク音声も入れている場合はマイクの音量調整も行うようにしましょう。

ここまで出来たらOKなので、あとは同じように録画を開始して実際に動画投稿するための動画を撮影してみて下さい!

ちなみに、各ゲーム機でYouTube生配信する時のOBS設定方法や、BGM・画像をOBSに追加する方法といったOBSの使い方を全てまとめたページを作成しているので、他にもOBS関連で気になる事がある場合はこちらからチェックしてみて下さい。
check!
>>OBS Studioの使い方まとめページを確認する!

 

CPU・GPU使用率が70%を超えてしまった時の対処法

ここからはCPU・GPU使用率が70%を超えてしまった時の対処法を解説していきますが、

①PCゲームのグラフィック関連の設定を下げる
②プリセットをPerformanceにする
③ビットレートを下げながら出力(スケーリング)解像度を段階的に下げる

という3つの方法があります。

 

まず最初に変更して欲しい所としてはPCゲーム内の設定を確認した時に、グラフィックに関連する設定というのがあります。

このような設定はもちろん、ゲーム内の解像度を高くしているとCPUやGPUの使用率が高くなってしまうので、設定を下げてから確認してみて下さい。

ちなみに、グラフィックに関連する設定を下げたとしてもCPU使用率が70%以下にならない場合は、完全にCPUの性能不足になります。

自分でCPUを交換できるのなら高性能な物に変更したり、良くわからないならPCごとより高性能な物に買い換えましょう。

 

GPU使用率だけ70%を超えてしまっているのであれば対処法があるのでそれを解説しますが、まずは「録画終了」をクリックして「設定」をクリックしてください。

ちなみに、OBSの録画終了をクリックしてから設定を変更しないと、設定が反映されないので注意しましょう。

 

次に設定画面の「出力」の項目をクリックし、「録画」タブであることを確認しますが、まず最初に設定を変更するのなら「プリセット」を変更します。

 

この設定は画質に関わる設定になりますが、「Quality」から1つ下の「Performance」に変更する事でGPU使用率を減らす事ができるので確認してみて下さい。

ちなみに、「Performance」よりもさらに下に複数のプリセットが用意されていますが、実際に検証してみた限りでは思ったよりもGPU使用率が下がりませんし、設定を下げすぎると画質にも影響してくるので、プリセットを変更するのなら「Performance」までにしておきましょう。

 

これでもGPU使用率が70%を超えてしまうのなら、次はビットレートを12000Kbpsから下げながら、出力(スケーリング)解像度を段階的に下げていきます。

まずはビットレートを500Kbpsや1000Kbpsずつ徐々に下げていき、その都度テスト録画を行ってGPU使用率を確認してみて下さい。

 

もしもビットレートが8000Kbpsより下がってしまう場合は、1080p/60fpsで録画する事は諦めて1080p/30fpsに変更していきます。

 

設定画面の左にある「映像」の項目をクリックし、FPS共通値を「30」に変更してください。

あとは同じようにテスト録画を行いつつ、GPU使用率が70%以下になるまでビットレートの調整を行いましょう。

 

もしもビットレートが7500Kbpsより下がってしまう場合は、1080p/30fpsで録画する事は諦めて720p/60fpsに変更していきます。

 

設定画面の左にある「映像」の項目をクリックして、出力(スケーリング)解像度を「1280×720」に変更し、FPS共通値を「60」に変更しましょう。

あとは同じようにテスト録画を行いつつ、GPU使用率が70%以下になるまでビットレートの調整を行ってください。

 

もしもビットレートが5000Kbpsより下がってしまう場合は、720p/60fpsで録画する事は諦めて720p/30fpsに変更していきます。

 

設定画面の左にある「映像」の項目をクリックして、FPS共通値を「30」に変更しましょう。

あとは同じようにテスト録画を行いつつ、GPU使用率が70%以下になるまでビットレートの調整を行ってください。

 

もしもビットレートが4000Kbpsより下がってしまう場合は、720p/30fpsで録画する事は諦めて480p/60fpsで録画する事になりますが、流石にこれだけ解像度が落ちてくると画質が悪くなってしまうのであまりおすすめできません…。

これ以上の対処法は無いので、より高性能なPCに買い替えるのをおすすめします。

 

まとめ

今回は、OBSの録画設定でPCゲームを1080p/60fpsの高画質で撮影する方法を解説しました!

ちなみに、自分は「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルと「しふぁの作業部屋」というこれからYouTubeを始めたい人向けの情報を発信しているチャンネルを運営していますが、両方のチャンネルとも収益化の条件である、

・登録者1000人
・直近12ヶ月の総再生時間が4000時間以上

この条件をクリアしており、収益化もしています。

特に「しふぁの作業部屋」ではたった4ヶ月間・3日に1本動画を投稿するだけで収益化する事ができたので、その時のノウハウをまとめた記事をnoteにて販売しております。

少しでも早く登録者数や再生回数を増やして収益化まで行きたいと考えている人にとって役に立つ情報を解説していますし、今なら購入者限定で無料で貰えるお得な特典も用意しています!

今後も特典を増やしたり、内容のアップデートも行っていく予定なので、お得なうちにチェックしてみて下さいね♪

スポンサーリンク
この記事を書いた人
しふぁ

「1人でゲームをプレイするのは面白くない!」というのがキッカケでYouTubeで「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルを運営開始。約1年4ヶ月で収益化達成。その経験を元に自分と同じようにゲーム実況を始めたい人向けに本ブログを運営開始。さらにブログで解説している内容を動画化するために第2のYouTubeチャンネル「しふぁの作業部屋」も運営開始。こちらは3日に1本・たった4ヶ月の動画投稿で収益化を達成。2022年7月時点で登録者3.76万人を突破。ゲーム実況は非常に楽しいし、たくさんのゲーム仲間と繋がれる最高のコンテンツと考えているので、その魅力を1人でも多くの人に体験してもらえるよう、今からゲーム実況を始めたい人をサポートしています。

しふぁをフォローする
OBS
スポンサーリンク
しふぁをフォローする
しふぁチャンネルのゲーム実況ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました