I-O DATA GV-HUVC/4Kの性能レビューと使い方!OBSでの設定方法も解説!

ゲーム映像やカメラ映像を録画/配信するためにキャプチャーボード(ビデオキャプチャカード)が欲しくてAmazonや楽天などで調べていると、I-O DATA GV-HUVC/4Kという製品が気になった人もいるのではないでしょうか?

この製品は4Kの高画質な映像をPCに表示させて録画や配信が行える製品となっていて、こちらのGV-HUVCよりも上位互換となるキャプチャーボードとなっています。

ただ、実際の性能はどうなっているのか気になっている人もいると思いますし、実際に購入したけど使い方がよくわからないという人もいると思います。

今回はGV-HUVC/4Kはどういった性能があるのかレビュー(評価)するのはもちろん、OBSでの使い方も解説していこうと思うので、これからこの製品を購入したい人や使い方がわからない人は最後まで確認していって下さい!

ちなみに、自分は「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルや「しふぁの作業部屋」というチャンネルも運営しているので気になる人は要チェックです!

スポンサーリンク

🔽実際に購入した約20種類のキャプチャーボードの情報をまとめています。
check!
>>キャプチャーボードの性能/使い方/おすすめ製品まとめページを確認する!

動画でも解説しています

【高性能】I-O DATA GV-HUVC/4Kの性能を徹底レビュー!使い方としてOBS設定方法も解説!【キャプチャーボード】

I-O DATA GV-HUVC/4Kの性能

それではまず最初に、GV-HUVC/4Kをまだ購入していない人向けにこの製品の性能について解説していこうと思います。

すでにこの製品を購入していて設定方法を早く知りたいという人は、目次から使い方を解説している項目に飛んでみて下さい。

 

それではGV-HUVC/4Kの特徴を簡単にレビューすると、

・4K/30fps、1080p/60fpsの画質で録画可能
・OBSに映った映像の遅延が少ない
・画質や音質が良く、色味も良い
・パススルー出力ができない
・HDMI分配器を使用する事で遅延の無い映像を見れるがコスパが悪い
・本体を直接PCにUSB接続するので強い衝撃が加わったら故障する可能性がある。
・長時間使用しても少し熱くなる程度
・設定が簡単
・値段が高い

といった感じですかね。

実際に使用してみた感想としては、1つ前のGV-HUVCと同じように画質や音質、色味に関しては問題無いですし、4K/30fpsの高画質で録画や配信ができるなど性能面に関しては文句が無いと言って良いくらいになっていました。

ただ、使用する用途としてはゲーム実況用というよりもカメラ映像用に使用するキャプチャーボードとなっていますし、少し不安な点もいくつかあったのでこれから詳細な情報を確認して検討してもらえたらと思います。

 

それでは重要な部分の性能をまとめてみると、このようになっています。

GV-HUVC/4Kの性能
外部機器との接続 HDMI
PCとの接続 USB 3.2 Gen 1(Type-A)
※Type-C変換ケーブル付属
モニターとの接続 無し(パススルー未対応)
最大入出力解像度 4K/30fps、1080p/60fps
最大録画解像度 4K/30fps、1080p/60fps
※USB2.0接続時は720pまで
エンコード方式 ソフトウェアエンコード
対応OS Windows11/10 (64-bit)
MacOS 10.13~12

 

ちなみに、動作環境としてはこのようになっているので、自分のPCで使用することができるのか確認してみて下さい。

動作環境
CPU 【デスクトップ】
Intel 第4世代 Core i5-4440 3.10 GHz(Quad-Core)以上
【ノートPC】
Intel 第8世代 Core i5-8210Y(Quad-Core)以上
GPU 【デスクトップ】
NVIDIA GeForce GTX 960以上
Intel HD Graphics 4000以上
【ノートPC】
NVIDIA GeForce GTX 980M以上
Intel UHD Graphics 630以上
メモリ 4GB以上(8GB以上推奨)

 

それではGV-HUVC/4Kの性能についてですが、何を言っているのか分からないという人もいると思うので、ここからは実際に使用してみたレビュー(評価)も交えながら各性能を詳細に解説していきます。

図を使いながら解説していきますが、このGV-HUVC/4KというキャプチャーボードはPS5やPS4、Switch、スマホ、カメラなどの映像を出力できる外部機器から4K/30fpsもしくは1080p/60fpsまでの映像を入力する事ができるようになっています。

 

次にPCにUSB接続する事でOBSなどのキャプチャーソフトに4K/30fpsもしくは1080p/60fpsの映像を映して録画したり配信することが可能です!

ただ、2Kの1440pの解像度で録画する事はできなくなっていますし、USB2.0の端子に接続してしまうと720pまでの映像しか映すことができないので注意して下さい。

 

あとPCに接続する時の注意点として、キャプチャーボード本体にUSB端子が付いているタイプになっているので、隣に別の接続端子がある場合は本体が邪魔して使用できなくなる場合がありますし、

 

接続しているHDMIケーブルを左右に動かすとキャプボ本体が結構動くので、例えばキャプボ本体やHDMIケーブルに足を引っかけて強い衝撃が加わってしまうと、PC側の接続端子やキャプボ本体が故障してしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

一応、Type-Aの接続端子からType-Cの接続端子に変換できるケーブルが付属されているので、これを使用する事で隣の端子が使用できなくなったり、強い衝撃が加わって故障してしまうというデメリットを解消することができるようになっています。

ただ、PCにType-Cの接続端子が無い場合はキャプボ本体を直接接続するしか無いので注意して下さい。

 

あと、この製品には遅延が無い映像をモニターに映し出すことができるパススルー出力ができなくなっているので、例えばゲーム実況動画を撮影したい人にとってはかなりの死活問題となっています。

 

一応、こちらのHDMI分配器という機材を使用すれば、

このように接続する事でパススルー出力と同じように遅延が無い映像を見ながらゲームをプレイすることは可能です。

ただ、HDMI分配器を購入するための余計な費用がかかってしまいますし、配線関係がゴチャゴチャしてしまうというデメリットもあったりするので、個人的にはHDMI分配器を購入してまでこのキャプチャーボードでゲーム実況を行うのはあまりおすすめしません。

 

この後エンコード方式について解説を行いますが、その部分を確認してもらうとHDMI分配器を使用しなくてもOBSに映った映像を見ながらゲームができるだけの性能は一応あります。

ただ、録画や配信を行う時は動画台本やYouTubeの配信管理画面、その他録画や配信時に使用する各ソフトの画面などを表示させる必要があるので、OBSに映ったゲーム画面を全画面で表示させる事ができませんし、録画や配信が非常にやりにくくなってしまいます。

なので、このキャプチャーボードを使用するのであればパススルー出力する意味があまりなくて、その機器からの音声も聴く意味が無いカメラの映像を録画や配信したい人におすすめな製品となっているので覚えておきましょう。

もしも、ゲーム実況を行いたいのであれば、パススルー出力する事ができる他のキャプチャーボードを購入すればゲームも快適にプレイできますし、このキャプボと同じようにカメラ映像も表示させる事ができるようになっているので検討してみて下さい。

 

画質について

次に画質が気になる人も多いと思うので、実際にこのキャプチャーボードを使用して録画してみた映像を確認してみるとこのようになります。

I-O DATA GV-HUVC4Kの映像確認

他のキャプチャーボードと比べるためには同じ映像でチェックしないと意味が無いので、カメラ映像ではなく他のキャプチャーボードと同じPS4のゲーム内ムービーを1080p/60fpsの設定で録画しています。

確認してもらうとわかるかと思いますが、録画設定をちゃんとやっているおかげもあって、動きが激しい所も乱れることなく綺麗な映像と音声になっていました。

ちなみに、4K/30fpsで録画することもできるので、より一層画質が綺麗な状態で録画する事も可能です!

あと、映像の確認のためにトータルで1時間以上は録画していたのですが、長時間使用しても少し温かくなるくらいの発熱になっていました。(室温21度で使用時)

基本的に機材関連は熱が原因で性能が低下してしまったり、消耗が激しくなって故障の原因にも繋がってしまうので、どれくらい発熱するのかというのも重要になるのですが、この製品に関しては熱による性能低下や耐久性に関しては安心だと思います。

 

ちなみに、色味に関しても非常に良い性能をしており、同じ性能をしているElgatoのCAM LINK 4Kで撮影した映像と比較してみるとこのようになっています。

I-O DATA GV-HUVC4Kの色味比較(Elgato CAM LINK 4K)

CAM LINK 4Kも4K/30fpsで録画できる性能を持つキャプチャーボードですが、録画設定はGV-HUVC/4Kと同じ1080p/60fpsに設定して撮影しています。

特にキャラクターの肌の色を見るとわかりやすいですが、CAM LINK 4KよりもGV-HUVC/4Kの方が若干ではありますが色鮮やかな映像に見えますよね。

ちなみに、OBS側でこちらの画質をワンランクアップさせる設定を行えばCAM LINK 4Kも同じくらいの色味にすることは可能ですが、GV-HUVC/4Kは何も設定せずにこの色味になっているので、映像に関しては非常に良い性能をしているなと思いました。

 

あと、キャプチャーボードによっては1080p/60fpsで録画できると言っていても60fps出せるだけの性能が無い物もあったりするのですが、GV-HUVC/4Kは1080p/60fpsでちゃんと録画できるのか検証してみました。

詳細な情報は動画で解説しているので確認してみて下さい。

I-O DATA GV-HUVC4Kは1080p/60fpsで録画する事ができるのか検証

結果としてはコマ送りしてみると、ちゃんと1コマずつ映像が動くので確実に60fpsが出てる事がわかります。

これらの事から映像に関しての性能は非常に優れている製品なので安心して良いと思います!

スポンサーリンク

エンコード方式について

次にエンコード方式について解説していきますが、GV-HUVC/4Kはソフトウェアエンコードとなっており、映像の処理をパソコンに任せることになるので、少ない遅延でOBSなどのキャプチャーソフトに映像を表示させて録画や配信ができるようになっています。

ちなみに、ソフトウェアエンコードの性能は製品によって優劣があるのですが、GV-HUVC/4Kの場合は優秀な部類となっており、HDMI分配器を使用して直接モニターに表示させたゲーム映像とソフトウェアエンコードの映像を比べてみると約0.1秒という少ない遅延になっていました。

I-O DATA GV-HUVC4KのソフトウェアエンコードとHDMI分配器の遅延の差

これまでに様々なキャプチャーボードを使用してきましたが、これくらいの遅延ならばOBSの画面を見ながらゲームをプレイできるギリギリの遅延と言った感じですかね。

ただ、シューティングゲームのような一瞬の差で勝敗が決まるゲームをやりたいのであれば、HDMI分配器を使用した遅延の無いゲーム映像を見ながらプレイするのがおすすめですが、わざわざHDMI分配器を購入して配線関係の問題に悩みながらやるのはコスパが悪いです。

ちなみに、RPGゲームのような遅延の影響を受けにくいゲームをプレイするのであれば、OBSに映ったゲーム画面を見てプレイすることは一応可能ではあります。

しかし、録画や配信を行う時は動画台本やYouTubeの配信管理画面、その他録画や配信時に使用する各ソフトの画面などを表示させる必要があるので、OBSに映ったゲーム画面を全画面で表示させる事ができませんし、録画や配信が非常にやりにくくなってしまいます。

すでに何回か言っていますが、この製品を使用するのであればパススルー出力する意味があまりなくて、その機器からの音声も聴く事が無いカメラの映像を録画や配信したい人におすすめとなっているので覚えておきましょう。

 

ちなみに、カメラ映像だけでなくマイク音声も入れたい人もいると思いますが、PCにマイクを接続する場合は顔出しした時の口の動きとマイク音声が約0.1秒分ズレてしまうので違和感が出てきます。

顔出ししないのであればそこまで違和感は生まれないのでOBS側でマイクの遅延設定をする必要は無いですが、顔出しする場合はマイクの遅延設定を忘れずに行うようにして下さい。

 

GV-HUVC/4Kの性能まとめ

ここまでGV-HUVC/4Kの性能について解説してきましたがどうだったでしょうか?

この製品についてまとめると、

・4K/30fps、1080p/60fpsの画質で録画可能
・OBSに映った映像の遅延が少ない
・画質や音質が良く、色味も良い
・パススルー出力ができない
・HDMI分配器を使用する事で遅延の無い映像を見れるがコスパが悪い
・本体を直接PCにUSB接続するので強い衝撃が加わったら故障する可能性がある。
・長時間使用しても少し熱くなる程度
・設定が簡単
・値段が高い

といった感じですかね。

画質や音質、色味に関しては問題無いですし、この後解説する設定方法に関しても非常に簡単だったのでかなり使いやすい製品であることは間違いないです。

ただ、キャプボ本体を直接PCにUSB接続するタイプになっているので、隣の接続端子が使用できなくなってしまう可能性もありますし、何かの拍子に強い衝撃が加わってしまうと接続端子が故障してしまう可能性があるので取り扱いには注意が必要となっています。

付属のType-C変換ケーブルを使用できればこのデメリットは解消する事ができますが、PC側にType-Cの接続端子が無いのなら使用できないので、そのようなPCを使用している人は特に注意して下さい。

あと、パススルー機能が無いですし、HDMI分配器を購入してまでゲーム実況用のキャプチャーボードとして使用するのはコスパが悪いので、

・4K/30fpsのカメラ映像をOBSで録画や配信をしたい人

このような用途で使用したい人におすすめではあります。

 

ただ、同じように4K/30fpsでカメラ映像の録画や配信が行えるElgatoのCAM LINK 4Kと比べると、

GV-HUVC/4Kは値段が高くなっていますし、細かい所を比較してみた時に個人的にはコスパが悪いなと思ってしまいました…。

もしも、GV-HUVC/4Kが気になるのであれば以下の製品リンクからチェックしてみて欲しいのですが、

ElgatoのCAM LINK 4Kも気になるという人は、実際に使用してみた性能レビューや使い方の情報をまとめているので、以下のリンクから詳細情報をチェックしてみて下さい!

check!
>>Elgato CAM LINK 4Kの性能レビューと使い方を確認する!

 

また、4K/30fpsではなく1080p/60fpsのカメラ映像をOBSで録画や配信をしたい場合は、1つ前のGV-HUVCという製品がおすすめではありますが、こちらもCAM LINK 4Kと値段を比較しつつ検討してもらえたらと思います。

実際に使用してみた性能レビューや使い方の情報もまとめているので、もしも気になるようならば以下のリンクからチェックしてみて下さい!
check!
>>I-O DATA GV-HUVCの性能レビューと使い方を確認する!

 

他にも様々なキャプチャーボードを実際に使用してみて、その性能や使い方を詳しくまとめたページを作成しています。

以下のリンクからまとめページを確認する事ができるようになっているので、自分にぴったりのキャプチャーボードを探してみて下さい!
check!
>>キャプチャーボードの性能/使い方/おすすめ製品まとめページを確認する!

 

I-O DATA GV-HUVC/4Kの使い方

実際にGV-HUVC/4Kを購入してしまった人もいると思うので使い方について解説していきますが、この製品はカメラの映像を映すのにおすすめしているのでカメラ映像をOBSに映すまでの手順を解説していきます。

ちなみに、使い方の手順を大まかに解説しておくと、

・GV-HUVC/4Kを各機器に接続する
・OBS Studioをインストールする
・OBS Studioにカメラ映像を映す
・マイクの遅延設定を行う

という手順で解説していくので、1つ1つの手順をしっかりと確認していきましょう!

スポンサーリンク

GV-HUVC/4Kを各機器に接続する

それではまず最初にGV-HUVC/4Kを各機器に接続していきます。

特に決まった順番はありませんが、まずはカメラからのHDMIケーブルをGV-HUVC/4KのHDMI端子に接続して下さい。

 

ちなみに、カメラを購入してもHDMIケーブルは付いて来ない事がほとんどなので、自分でHDMIケーブルを準備する必要があるのですが、カメラの場合はmini HDMI端子やmicro HDMI端子が付いたHDMIケーブルを使用して接続する事になります。

自分の場合はmicro HDMI端子がついたHDMIケーブルを使用していますが、これはカメラによって接続端子が異なるので、使用しているカメラに合うHDMIケーブルを自分で購入して接続するようにして下さい。

 

次にPCのUSB端子にキャプボ本体をUSB接続します。

ただ注意点として、PCに接続する時にUSB2.0の端子に接続してしまうと720pまでの映像しか映すことができなくなっています。

USB3.0以上の端子に接続しないと1080p以上の映像を映すことができないので注意して下さい。

USB2.0と3.0の見分け方がわからないという人はこちらのページで詳しく解説しているので要チェックです!
check!
>>キャプチャーボード使用時に注意したいUSB2.0と3.0の違い(見分け方)を確認する!

 

あと、キャプボ本体をPCにそのまま接続すると、状況によっては隣の接続端子が使用できなくなる場合がありますし、

 

接続しているHDMIケーブルを左右に動かすとキャプボ本体が結構動くので、例えばキャプボ本体やHDMIケーブルに足を引っかけて強い衝撃が加わってしまうと、PC側の接続端子やキャプボ本体が故障してしまう可能性もあります。

 

もしも、PC側にType-Cの接続端子がある場合は、付属の変換ケーブルを使用する事でそのようなデメリットを解消する事ができますし、1080p以上の映像を映すこともできるので可能であれば使用してみて下さい。

 

ちなみに、全体の接続図としてはこのような感じになるので確認してみて下さい。

 

OBS Studioのインストール方法

次にOBS Studioをインストールする方法を解説していきます。

ちなみに、OBS Studioとは何なのかわからない人もいると思いますが、キャプチャーボードからの映像を映し出して録画や配信が行えるソフトとなっています。

無料で利用できるにもかかわらず自分好みに画面を調整したり、マイク音声なども細かく調整できるようになっているので、動画投稿者・配信者の中ではかなり有名なソフトとなっていますね。

まだOBSをインストールしていない人は、以下のリンクから詳細なOBSのインストール方法をチェックしてみて下さい!
check!
>>OBSのダウンロード&インストール方法を確認する!

スポンサーリンク

OBS Studioにカメラ映像を映す

次にOBSにカメラ映像を映す方法を解説していきます。

ちなみに、自分はWindows10を使用しているので、Windows版の画面で解説していきます。

 

まずは、カメラ映像を表示させたいシーンを選択し、ソースの欄の「+」をクリックして「映像キャプチャデバイス」をクリックしてください。

 

すると、ソースを作成/選択という画面が表示されますが、わかりやすい名前を付けたら「OK」をクリックしてください。

今回は初期設定のまま解説していきます。

 

するとプロパティが表示されるので、デバイスの項目を「I-O DATA GV-HUVC 4K, Video Capture USB」に設定してください。

 

次に解像度/FPSタイプを「カスタム」、解像度は「1920×1080」、FPSは「出力FPSに合わせる」に設定します。

もしも、4K出力する事ができるカメラを使用している場合は解像度の項目を「3840×2160」に設定して下さい。

 

次に音声出力モードが「音声のみキャプチャ」であることを確認し、「カスタム音声デバイスを使用する」にチェックを入れて下さい。

 

すると、音声デバイスの項目が表示されるので「デジタルオーディオインターフェイス(I-O DATA GV-HUVC 4K, Audio Capture USB)」 を設定して「OK」をクリックしてください。

 

すると、OBSにカメラの映像を表示させることができました!

 

あとは、画面内の赤枠の■をドラッグする事で拡大や縮小をする事ができますし、Altキーを押しながら赤枠の■をドラッグする事で無駄な部分をトリミングする事もできるので、

 

このように画面いっぱいにカメラ映像が表示されるように調整してみてください。

ちなみに、HDMIスルーに対応しているカメラを使用している場合は黒い画面や各画面情報の文字が表示されないので、この画面調整は行わなくても大丈夫です。

 

マイクの遅延設定

次にPCにマイクを接続して使用する場合はマイクの遅延設定を行います。

性能レビューの所でも言ったように、OBSに映った映像は約0.1秒という遅延が発生しているので、PCにマイクを接続した状態で撮影すると実際の口の動きと音ズレが生じて違和感が出てきます。

顔出ししないのであればそこまで違和感は生まれないので設定を行わなくても問題無いですが、顔出しするなら遅延設定を行っておくのがおすすめです。

ただ、マイクの基本的な設定ができていないという人はあらかじめマイク設定を行う必要があるので、こちらのリンクからマイク設定方法をチェックしてみましょう!
check!
>>OBSでのマイク設定方法を確認する!

 

基本的なマイク設定が終わった事を前提に遅延設定のやり方を解説しますが、まずは音声ミキサーの中にある歯車マークをどれでも良いのでクリックして「オーディオの詳細プロパティ」をクリックします。

 

すると、このような画面が表示されますが、

 

マイクの同期オフセットを「100ms」に設定してください。

ちなみに「ms」という単位は「ミリ秒・ミリセカンド」と言うのですが、「1ms」だと1000分の1秒という意味になっています。

今回はキャプチャーボードからの映像が約0.1秒ほど遅延があるので、それに合わせるために「100ms」と入力しています。

 

設定する事ができたら「閉じる」をクリックしてください。

 

OBSの録画設定と配信設定

ここまで来たらあとは録画や配信の設定を行えばOBSの設定はOKです。

ただ、今からそれを解説するとめちゃくちゃ長くなってしまうので、カメラ映像を録画・配信する時のOBS設定方法を解説した記事を別に作成しております。

それぞれの記事は今まで解説した内容と被っている部分もあるので、目次を参考にしながらOBSを設定していって下さい。
check!
>>カメラを使って実写映像を録画する時のOBS設定方法を確認する

>>カメラを使って実写映像をYouTube生配信する時のOBS設定方法を確認する!

 

ちなみに、OBSに映した映像の画質をさらにワンランクUPさせる方法を解説したページも作成しています。

低スペックのPCでも簡単に行える方法となっているので、気になる人はこちらからチェックしてみて下さい!
check!
>>OBSに映した映像を画質を上げる方法を確認する!

 

まとめ

今回は、I-O DATA GV-HUVC/4Kの性能レビューや使い方について解説しました!

ちなみに、自分は約20種類のキャプチャーボードを実際に購入して使用した経験がありますが、キャプチャーボードや各製品の性能や使い方、おすすめ製品をまとめたページを作成しているので気になる人はチェックしてみて下さい!
check!
>>キャプチャーボードの性能/使い方/おすすめ製品まとめページを確認する!

 

また、自分は「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルと「しふぁの作業部屋」というこれからYouTubeを始めたい人向けの情報を発信しているチャンネルを運営していますが、両方のチャンネルとも収益化の条件である、

・登録者1000人
・直近12ヶ月の総再生時間が4000時間以上

この条件をクリアしており、収益化もしています。

特に「しふぁの作業部屋」ではたった4ヶ月間・3日に1本動画を投稿するだけで収益化する事ができたので、その時のノウハウをまとめた記事をnoteにて販売しております。

少しでも早く登録者数や再生回数を増やして収益化まで行きたいと考えている人にとって役に立つ情報を解説していますし、今なら購入者限定で無料で貰えるお得な特典も用意しています!

今後も特典を増やしたり、内容のアップデートも行っていく予定なので、お得なうちにチェックしてみて下さいね♪

スポンサーリンク
この記事を書いた人
しふぁ

1993年5月生まれ。

WEB関係の仕事で独立し、YouTubeで「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルを運営中。

さらに、このブログと連動した第2のYouTubeチャンネル「しふぁの作業部屋」も運営開始し、3日に1本・たった4ヶ月の動画投稿で収益化。

約1年同じペースで活動を続けると登録者数は1万人、その5か月後には登録者2万人を超えました。

このブログではこれからYouTube活動やゲーム実況を始めたい人向けに、実際にゲーム実況やYouTubeでの活動を行って経験した生情報を元に、あなたの悩みが少しでも晴れるような有益な情報をお届けします!

しふぁをフォローする
キャプチャーボード
スポンサーリンク
しふぁをフォローする
しふぁチャンネルのゲーム実況ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました