テレワーク時のマイクのノイズキャンセリングしたいならVoicemod使ってみませんか?

テレワークで仕事を行う時にマイクを使ってビデオ会議する人も多いと思いますが、「サー」というノイズや、「プツプツ」・「パチパチ」といった雑音、周りの環境音や生活音が入ってしまうといった事に悩んでいませんか?

そんなあなたにおすすめしたいのがVoicemodという無料で利用可能なボイスチェンジャーアプリで、このソフトを使用してZoomやSkype、Discord、LINEといった通話アプリに接続すると、マイクのノイズや雑音を軽減した状態で通話することが可能になります!

さらに、ボイスチェンジャーアプリなので、友達とリモート飲みをする時やゲームのボイスチャットで話す時にボイスフィルターを使って声を変えれば会話を盛り上げる事ができます。

また、サウンドボード機能を使用する事で通話中に効果音も入れる事ができたり、VOICELABという機能で自分オリジナルのカスタムボイスを作成する事も可能です。

今回はそんなVoicemodというソフトを使用してテレワーク時のマイクのノイズキャンセリング/ノイズを除去する設定方法を解説していくので、どんなやり方なのか気になる人はこちらの動画を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

Voicemodをインストールする

今回はVoicemodというボイスチェンジャーアプリを使用してテレワーク時のマイクのノイズを除去する方法を解説していくので、まずはVoicemodのインストールを行います。

説明欄にVoicemodの公式サイトのリンクを記載しているので、実際にページを開いてインストールしてみて下さい。

ちなみに、動画作成時点ではWindowsのみ対応しており、Macやスマホには対応していないので注意して下さい。

また、自分だけではインストール方法が良く分からないという人は、こちらのページからインストール方法を確認する事ができるのでチェックしてみて下さい!
check!
>>Voicemodのインストール方法を確認する!

 

Voicemodでマイクのノイズ除去ができる設定をする

Voicemodをインストールする事ができたらマイクのノイズ除去ができる設定を行っていきます。

設定方法は非常に簡単で、まずはVOICEBOXの中にある「Clean」というボイスフィルターを選択してください。

これを選択する事で、自分の声はそのままにマイクのノイズを軽減する事ができます。

ちなみに、自分は有料版のVoicemod PROを使用していますが、「Clean」というボイスフィルターは無料版のVoicemodでも使用することができるので安心してください。

 

次に画面右下にあるスピーカーマークをクリックし、「バックグラウンドノイズを減らす」の項目をONにして下さい。

この項目をONにして数値を調整すると周囲の環境音をカットする事ができるようになるので、例えば隣の部屋で遊んでいる子供の声や、近所でやっている工事の音が聞こえてきたとしてもマイクがその音を拾いにくくなります。

数値を高くするほどバックグラウンドノイズを減らす事ができますが、上げすぎると自分の声が途切れてしまったり、こもったような声になってしまうので、個人的には20~30くらいに設定するのがおすすめです。

 

次に画面左の欄にある「設定」をクリックしてください。

 

次に「音声」タブである事を確認して、「高度なオーディオ設定」をクリックします。

 

すると、このような項目が表示されるので、「ポップノイズを除去」の項目をONにして下さい。

これでVoicemod側の設定はOKです。

 

ちなみに、この設定でマイクのノイズをどれくらい除去できるのか気になる人もいるのではないでしょうか。

なので、SONYのECM-PCV80Uというコンデンサーマイクを使用して確認していきますが、感度が高い事もあって「サー」というホワイトノイズが入りやすくなっているので、コレがどう変化するのか確認していきます。

また、周囲の環境音の代わりに商用利用可能なフリーBGMをスピーカーから流しながらその音がどう聞こえるのかも検証していきます。

各通話ソフトでVoicemodの設定を行う

Voicemodでマイクのノイズ除去ができる設定を行えたら、各通話ソフトでVoicemodからの音声を使用できるようにする設定を行っていきます。

ちなみに、現時点では、

✅Zoom
✅Discord
✅Skype
✅LINE

といった通話ソフトでのVoicemodの使い方を解説したページを作成しています。

以下のリンクから確認する事ができるので、実際に使用している通話ソフトに合わせてチェックしてみて下さい!
check!
>>VoicemodをZoomで使用する方法を確認する!

>>VoicemodをDiscordで使用する方法を確認する!

>>VoicemodをSkypeで使用する方法を確認する!

>>VoicemodをLINEで使用する方法を確認する!

スポンサーリンク

Voicemodの活用方法

ちなみに、Voicemodはボイスチェンジャーアプリでもあるので、友達とリモート飲みをする時やゲームのボイスチャットで話す時にボイスフィルターを使って声を変えれば会話を盛り上げる事ができるようになっています。

 

また、サウンドボード機能を使用する事で通話中に効果音も入れる事ができるようになっており、例えばPrankster(プランクスター)という無料で利用できるプロファイルにある効果音をいくつか試してみると、

こんな感じの効果音を通話中に使用する事も可能です。

 

さらに、VOICELABという機能で自分オリジナルのカスタムボイスを作成する事もできるようになっているので、テレワーク中のマイクのノイズキャンセリングのためだけに使用するのではなく、これらの機能も使って楽しんでみて下さい。

もっと詳細情報を知りたい人は、こちらからVoicemodの公式サイトをチェックしてみましょう!
check!
>>Voicemodの公式サイトを確認する!

 

まとめ

今回は、テレワークでビデオ会議する時のマイクのノイズをVoicemodを使って除去する方法を解説しました!

ちなみに、自分は「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルと「しふぁの作業部屋」というこれからYouTubeを始めたい人向けの情報を発信しているチャンネルを運営していますが、両方のチャンネルとも収益化の条件である、

・登録者1000人
・直近12ヶ月の総再生時間が4000時間以上

この条件をクリアしており、収益化もしています。

特に「しふぁの作業部屋」ではたった4ヶ月間・3日に1本動画を投稿するだけで収益化する事ができたので、その時のノウハウをまとめた記事をnoteにて販売しております。

少しでも早くYouTubeチャンネルを大きくしたい!収益化まで行きたい!と考えている人にとって役に立つ情報を紹介しているのでチェックしてみて下さい!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
アバター

1993年5月生まれ。
WEB関係の仕事で独立し、YouTubeで「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルを運営中。
さらに、このブログと連動した第2のYouTubeチャンネル「しふぁの作業部屋」も運営しており、3日に1本・たった4ヶ月動画投稿しただけで収益化し、約1年同じペースで活動を続けると登録者数は1万人を超えました。
ちなみに、このブログではこれからYouTube活動やゲーム実況を始めたい人向けに必要な機材情報やそのレビュー/設定方法・録画や配信のやり方・編集作業のやり方・YouTubeの各機能の使い方など、実際にYouTubeチャンネルを運営するにあたって経験したことをベースに、あなたの悩みが少しでも晴れるような有益な情報をお届けします!

しふぁをフォローする
Voicemod
スポンサーリンク
しふぁをフォローする
しふぁチャンネルのゲーム実況ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました