Speelity HDMI キャプチャーカードのレビューと使い方!OBSでの設定方法も解説!

ゲーム実況を行ったり、カメラの映像を録画/配信するためにキャプチャーボード(ビデオキャプチャカード)が欲しくてAmazonや楽天などで調べていると、Speelity HDMI キャプチャーカードという超激安な商品が気になった人もいるのではないでしょうか?

似たような形の製品がたくさん販売されている中で今回は最も安い製品を購入してみたのですが、この手の製品は本当に使えるのか心配している人もいると思いますし、実際に購入したけど使い方がよくわからないという人もいると思います。

ちなみに、自分は「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルや「しふぁの作業部屋」というチャンネルを運営しているのですが、様々なキャプチャーボードを使用してOBS Studioというキャプチャーソフトを使って録画や配信を行っている経験があります。

今回はその経験を元に、Speelity HDMI キャプチャーカードはどういった性能があるのかレビュー(評価)するのはもちろん、OBSでの使い方も解説していこうと思うので、これからこの製品を購入したい人や使い方がわからない人は最後まで確認していって下さい!

スポンサーリンク

🔽実際に購入した約20種類のキャプチャーボードの情報をまとめています。
check!
>>キャプチャーボードの性能/使い方/おすすめ製品まとめページを確認する!

動画でも解説しています

【究極の安さ】超激安なSpeelity HDMI キャプチャーカードの性能を徹底レビュー!使い方としてOBSでの設定方法も解説!【キャプチャーボード】

Speelity HDMI キャプチャーカードの性能

それではまず最初に、Speelity HDMI キャプチャーカードをまだ購入していない人向けにこの製品の性能について解説しておこうと思います。

すでにこの製品を購入していて設定方法を早く知りたいという人は、目次から使い方を解説している項目に飛んでみて下さい。

 

それではSpeelity HDMI キャプチャーカードの特徴を簡単にレビューすると、

・1080p/30fps、720p/60fpsの画質で録画可能
・状況によっては映像に乱れが出る
・OBSに映った映像の遅延がキツイ
・パススルー出力ができない
・HDMI分配器を使用する事で遅延の無い映像を見れるがコスパが悪い
・長時間使用していると熱を持ちやすい
・設定が簡単
・値段が激安

といった感じですかね。

正直に言うと「安い物には訳がある」というのはまさにこの事だなと思わせられる製品となっていましたし、この製品単体では使用できる範囲がかなり限られています。

一応、特定の機材と合わせて使用すれば用途の幅は広がりますし、値段も安いのでお試し用としてはおすすめかもしれないですが、状況によってはコスパが悪いですし、本格的に動画撮影や配信などを行いたい人には不向きな製品となっているので注意して下さい。

 

それでは重要な部分の性能をまとめてみると、このようになっています。

Speelity HDMI キャプチャーカードの性能
外部機器との接続 HDMI
PCとの接続 USB 2.0
モニターとの接続 無し(パススルー未対応)
最大入力解像度 4K/30fps
最大録画解像度 1080p/30fpsもしくは720p/60fps
エンコード方式 ソフトウェアエンコード
対応OS Windows、Mac、Linux、Android

 

ちなみに、動作環境としては以下のようになっているので、自分のPCで使用できるのか確認してみて下さい。

動作環境
CPU Core i5-3400以降、NB i7-3537U 2.0GHz以降
GPU NVIDIA GT630以降、NC NVIDIA GT735M以降
メモリ 4GB以上

 

この製品の性能について何を言っているのか分からないという人もいると思うので、ここからは実際に使用してみたレビュー(評価)も交えながら各性能を詳細に解説していきます。

図を使いながら解説していきますが、この製品はPS5やPS4、Switch、スマホ、カメラなどの映像を出力できる外部機器からHDMI接続する事で4K/30fpsまでの映像を入力する事ができるようになっています。

 

そして、PCにUSB接続すればOBSなどのキャプチャーソフトに1080p/30fpsもしくは720p/60fpsの映像を映して録画したり配信することが可能です!

 

ただ、使用する時の注意点として、この製品は本体とUSB端子が一緒になっていますし、HDMIケーブルも接続されている事もあって、配線に少し足を引っ掛けてしまったりすると衝撃でUSB端子や製品自体が故障する可能性があります。

また、USB接続した時に本体が邪魔で隣のUSB端子やその他の端子が使えなくなってしまうというデメリットもありますね。

実際に購入して使用したいと考えている人はこの部分も考慮するようにして下さい。

 

あと、この製品には遅延が無い映像をモニターに映し出すことができるパススルー出力ができなくなっているので、例えばゲーム実況動画を撮影したい人にとってはかなりの死活問題となっています。

 

一応、こちらのHDMI分配器という機材を購入すれば、

このように接続する事でパススルー出力と同じように遅延が無い映像を見ながらプレイすることは可能です。

ただ、HDMI分配器を購入するための余計な費用がかかってしまいますし、配線関係がゴチャゴチャしてしまうので、ゲーム実況を行いたいのであれば最初からパススルー機能が付いたキャプチャーボードを購入しておくのがおすすめですね…。

 

この製品を使用するのであればパススルー出力する意味があまりなくて、その機器からの音声も聴く意味が無いカメラの映像を録画や配信したい人におすすめとなっているので注意して下さい。

 

次に画質が気になる人も多いと思うので、実際にこのキャプチャーボードを使用して録画してみた映像を確認してみるとこのようになります。

Speelity HDMI キャプチャーカードの画質確認

他のキャプチャーボードと比べるためには同じ映像でチェックしないと意味が無いので、他のキャプチャーボードと同じPS4のゲーム内ムービーを1080p/60fpsの設定で録画していますが、録画設定をちゃんとやっているおかげもあって、動きが激しい所も乱れることなく綺麗な映像と音声になっていました。

そもそもPS4のゲーム自体が平均して30~40fpsしか出ておらず、1080p/30fpsまでしかOBSに映せないと言っても多少のコマ落ちしかしないので、めちゃくちゃカクカクしている映像にはなりません。

もし仮に60fpsの映像を映すことができるカメラなどを使用する場合は、720pの解像度設定にしてあげないと60fpsの映像を録画する事ができないので注意して下さい。

 

あと、このキャプチャーボードの注目するべき点としては映像の色味が綺麗という点です。

自分はAVerMediaのGC553というキャプチャーボードをメインに使用しているのですが、OBSの録画設定を全く同じ状態にしてGC553で撮影した映像と比べてみるとこのようになります。

Speelity HDMI キャプチャーカードの色味比較

若干ではありますが、Speelity HDMI キャプチャーカードの方がGC553よりも全体的に少し明るく・色鮮やかで綺麗な映像に見えますよね。

ちなみに、GC553の方もこちらのページで解説しているゲーム画面の画質を上げる設定を行えば同じくらいの色味に調整する事ができるようになっていますが、何も設定していない状態なのに色鮮やかで綺麗な映像になっているのは非常に良いポイントだと思います。

 

ただ、注意点としてトータルで1時間以上は録画していたのですが、こちらの動画のように横一線に映像が歪むようなティアリングという症状が出てしまう事があったので注意が必要です。
※14秒以降の動きが激しい場面がわかりやすいです。

Speelity HDMIキャプチャカード画質(乱れ)

このように映像が乱れてしまうと非常に見にくくなってしまいますし、他のキャプチャーボードにはこのような症状はあまり無いので、やっぱり安い物には何かしらの訳があるのかなと思ってしまいましたね…

ちなみに、この症状が出た後はキャプチャーボードを接続し直したら改善しましたが、何回か接続し直していたり、録画していたら同じ症状を繰り返す事が何回かありました。

ちょっとあまり知識が無いので、どのような対処法を行えば改善できるのかわからないのですが、この時にキャプチャボード自体がかなり熱を持っていたので、もしかすると熱による性能低下が原因の可能性の1つとして考えられます。

基本的に機材関連は熱が原因で性能が低下してしまったり、消耗が激しくなって故障の原因にも繋がってしまうのですが、耐久性に関してもちょっと心配がある製品だなと感じました。

 

次にエンコード方式についてですが、Speelity HDMI キャプチャーカードはソフトウェアエンコードとなっており、映像の処理をパソコンに任せることになるので、少ない遅延でOBSなどのキャプチャーソフトに映像を表示させて録画や配信ができるようになっています。

ちなみに、ソフトウェアエンコードの性能は製品によって優劣があるのですが、このキャプチャーボードの場合はかなり悪い性能となっており、HDMI分配器を使用して直接モニターに表示させたゲーム映像とソフトウェアエンコードの映像を比べてみると、以下の動画のように約0.17秒という遅延になっていました。

Speelity HDMIキャプチャカードでのソフトウェアエンコードとHDMI分配器の遅延の差

これまでに様々なキャプチャーボードを使用してきましたが、体感として0.1秒以上の遅延が発生してしまうとOBSに映った映像を見ながらゲームをプレイする事は非常に難しくなっています。

ゲーム実況をやりたいのであれば、HDMI分配器を使用して直接モニターに表示させた遅延の無いゲーム映像を見ながらゲームをプレイした方が良いのですが、余計な機材購入費用がかかりますし、配線関係がゴチャゴチャしてしまうので、ゲーム実況をやりたいならば最初からパススルー機能が付いたキャプチャーボードを購入しておくのがおすすめです。

なので、この製品を使用するのであれば、パススルー出力する意味があまりなくて、その機器からの音声も聴く事が無いカメラの映像を録画や配信したい人におすすめとなっているので注意して下さい。

あと、マイク音声を入れたい人もいると思いますが、これだけの遅延があると映像との音ズレが気になってくるレベルになるので、OBSでマイク設定する場合は遅延設定も行うようにしましょう。

 

ここまでSpeelity HDMI キャプチャーカードの性能について解説してきましたがどうだったでしょうか?

この製品の特長をまとめると、

・1080p/30fps、720p/60fpsの画質で録画可能
・状況によっては映像に乱れが出る
・OBSに映った映像の遅延がキツイ
・パススルー出力ができない
・HDMI分配器を使用する事で遅延の無い映像を見れるがコスパが悪い
・長時間使用していると熱を持ちやすい
・設定が簡単
・値段が激安

といった感じですね。

かなり激安なのでゲーム実況用に購入したいと考えていた人もいると思いますが、OBSに映った映像の遅延がかなりキツイですし、パススルー出力もできなくなっています。

何度も言っていますが、HDMI分配器を使用すればパススルー出力のように遅延の無い映像を見ながらプレイすることはできますが、余計な機材購入費用がかかりますし、配線関係がゴチャゴチャしてしまうので、ゲーム実況をやりたいならば最初からパススルー機能が付いた別のキャプチャーボードを購入しておくのが良いですね。

パススルー出力する意味があまりなくて、その機器からの音声を聴く事が無いカメラの映像を録画/配信したいのであれば、お試し用キャプチャーボードとして購入したり、ゲーム実況で画面端に小さく顔出しする時のカメラ用に購入するのがおすすめかなと思います。

ただ、映像の乱れや耐久性なども心配ではあるので、本格的に活動していきたいのであれば他のカメラ用のキャプチャーボードを使用する事をおすすめします。

この製品が気になる場合は以下の製品リンクからチェックしてみて下さい!

 

ちなみに、他にも様々なキャプチャーボードを実際に使用してみて、その性能や使い方を詳しくまとめたページを作成しています。

以下のリンクからまとめページを確認する事ができるようになっているので、自分にぴったりのキャプチャーボードを探してみて下さい!
check!
>>キャプチャーボードの性能/使い方/おすすめ製品まとめページを確認する!

 

Speelity HDMI キャプチャーカードの使い方

それではSpeelity HDMI キャプチャーカードの使い方を解説しますが、この製品はカメラの映像を映すのにおすすめしているので、今回はカメラ映像をOBSに映すまでの手順を解説していきます。

ちなみに、使い方の手順を大まかに解説しておくと、

・Speelity HDMI キャプチャーカードを各機器に接続する
・OBS Studioをインストールする
・OBS Studioにカメラ映像を映す
・OBS Studioでマイクの遅延設定をする

という手順で解説していきます。

他のキャプチャーボードの場合はHDCPというコピーガードの解除を行ったり、ドライバーなどをインストールしなければならない物もあったりしますが、この製品に関してはこれらの設定を行う必要が無いので非常に簡単に設定することが可能です。

それでは実際の使い方を確認していきましょう!

スポンサーリンク

Speelity HDMI キャプチャーカード各機器に接続する

それではまず最初にSpeelity HDMI キャプチャーカードを各機器に接続していきます。

特に決まった順番はありませんが、まずはカメラからのHDMIケーブルをSpeelity HDMI キャプチャーカードのHDMI端子に接続して下さい。

 

ちなみに、カメラを購入してもHDMIケーブルは付いて来ない事がほとんどなので、自分でHDMIケーブルを準備する必要があるのですが、カメラの場合はmini HDMI端子やmicro HDMI端子が付いたHDMIケーブルを使用して接続する事になります。

自分の場合はmicro HDMI端子がついたHDMIケーブルを使用していますが、これはカメラによって接続端子が異なるので、使用しているカメラに合うHDMIケーブルを自分で購入して接続するようにして下さい。

 

次にPCのUSB端子にSpeelity HDMI キャプチャーカードを接続すれば接続完了です!

 

ただ、性能レビューの所でも言いましたが、この製品は本体とUSB端子が一緒になっていますし、HDMIケーブルも接続されている事もあって、配線に少し足を引っ掛けてしまったりすると衝撃でUSB端子や製品自体が故障する可能性があります。

また、USB接続した時に本体が邪魔で隣のUSB端子やその他の端子が使えなくなってしまうというデメリットもあるので周りの状況をしっかり確認するのはもちろん、このデメリットにも注意して使用するようにして下さい。

 

ちなみに、全体の接続図としてはこのような感じになるので確認してみて下さい。

 

OBS Studioをインストールする

次にOBS Studioをインストールする方法を解説していきます。

ちなみに、OBS Studioとは何なのかわからない人もいると思いますが、キャプチャーボードからの映像を映し出して録画や配信が行えるソフトとなっています。

無料で利用できるにもかかわらず自分好みに画面を調整したり、ゲーム音やマイク音声なども細かく調整できるようになっているので、動画投稿者・配信者の中ではかなり有名なソフトとなっています。

自分もこのOBSを使用しているので、まだインストールしていない人は以下のリンクのページで詳しいインストール方法を解説しているのでチェックしてみて下さい!
check!
>>OBSのダウンロード&インストール方法を確認する!

 

OBS Studioにカメラ映像を映す

次にOBSにカメラ映像を映す方法を解説していきます。

ちなみに自分はWindowsを使用しているので、Windows版のOBSの画面で解説していきます。

 

まずは、カメラ映像を表示させたいシーンを選択し、ソースの欄の「+」をクリックして「映像キャプチャデバイス」をクリックしてください。

 

すると、ソースを作成/選択という画面が表示されますが、わかりやすい名前を付けたら「OK」をクリックしてください。

今回は初期設定のまま解説していきます。

 

すると、プロパティの画面が表示されますが、デバイスの項目を「USB Video」に変更して下さい。

 

次に解像度/FPSタイプを「カスタム」に変更し、解像度を「1920×1080」、FPSは「出力FPSにあわせる」に設定します。

ちなみに、この設定にすると1080p/30fpsの映像を映す設定になりますが、60fpsの映像を映せるカメラを使用していて、60fpsの映像を映したいのであれば解像度を「1280×720」に設定して下さい。

 

次にマイクを使用しなかったり、PCにマイクを接続する場合はこの設定は行う必要はありませんが、カメラ本体にマイクを取り付けている場合は、音声出力モードが「音声のみをキャプチャ」になっている事を確認して、その下の「カスタム音声デバイスを使用する」にチェックを入れて下さい。

 

すると、音声デバイスという項目が表示されますが、「デジタルオーディオインターフェイス(USB Digital Audio)」になっている事を確認して「OK」をクリックしましょう!

 

すると、OBSにカメラの映像を表示させることができました!

 

あとは、画面内の赤枠の■をドラッグする事で拡大や縮小をする事ができますし、Altキーを押しながら赤枠の■をドラッグする事で無駄な部分をトリミングする事もできるので、

 

このように画面いっぱいにカメラ映像が表示されるように調整してみてください。

 

マイクの遅延設定

次にPCにマイクを接続して使用する場合はマイクの遅延設定を行います。

もしも、カメラ本体にマイクを接続している場合はこの設定は行う必要は無いので飛ばしてください。

ちなみに、性能レビューの所でも言ったように、OBSに映った映像は約0.17秒という遅延が発生しているので、PCにマイクを接続した状態で撮影すると、音ズレが生じて違和感が出てきます。

これを無くすためにマイクの遅延設定を行っていきますが、まだマイクの基本的な設定ができていないという人は、こちらのページを確認して基本的なマイク設定をまずは行いましょう。
check!
>>OBSでのマイク設定方法を確認する!

 

基本的なマイク設定が終わった事を前提に遅延設定のやり方を解説しますが、まずは音声ミキサーの中にある歯車マークをどれでも良いのでクリックして「オーディオの詳細プロパティ」をクリックします。

 

すると、このような画面が表示されますが、

 

マイクの同期オフセットを「170ms」に設定してください。

ちなみに「ms」という単位は「ミリ秒・ミリセカンド」と言うのですが、「1ms」だと1000分の1秒という意味になっています。

今回はキャプチャーボードからの映像が約0.17秒ほど遅延があるので、それに合わせるために「170ms」と入力しています。

 

設定する事ができたら「閉じる」をクリックしてください。

 

OBSの録画設定と配信設定

ここまで来たらあとは録画や配信の設定を行えばOBSの設定はOKです。

ただ、今からそれを解説するとめちゃくちゃ長くなってしまうので、カメラ映像を録画・配信する時のOBS設定方法を解説した記事を別に作成しております。

それぞれの記事は今まで解説した内容と被っている部分もあるので、目次を参考にしながらOBSを設定していって下さい。
check!
>>カメラを使って実写映像を録画する時のOBS設定方法を確認する

>>カメラを使って実写映像をYouTube生配信する時のOBS設定方法を確認する!

 

ちなみに、OBSに映した映像の画質をさらに上げる方法を解説したページも作成しています。

低スペックのPCでも簡単に行える方法となっているので、気になる人はこちらからチェックしてみて下さい!
check!
>>OBSに映した映像を画質を上げる方法を確認する!

 

まとめ

今回は、Speelity HDMI キャプチャーカードの性能(レビュー/評価)と使い方について解説しました!

ちなみに、自分は約20種類のキャプチャーボードを実際に購入して使用した経験がありますが、キャプチャーボードや各製品の性能や使い方、おすすめ製品をまとめたページを作成しているので気になる人はチェックしてみて下さい!
check!
>>キャプチャーボードの性能/使い方/おすすめ製品まとめページを確認する!

 

また、自分は「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルと「しふぁの作業部屋」というこれからYouTubeを始めたい人向けの情報を発信しているチャンネルを運営していますが、両方のチャンネルとも収益化の条件である、

・登録者1000人
・直近12ヶ月の総再生時間が4000時間以上

この条件をクリアしており、収益化もしています。

特に「しふぁの作業部屋」ではたった4ヶ月間・3日に1本動画を投稿するだけで収益化する事ができたので、その時のノウハウをまとめた記事をnoteにて販売しております。

少しでも早く登録者数や再生回数を増やして収益化まで行きたいと考えている人にとって役に立つ情報を解説していますし、今なら購入者限定で無料で貰えるお得な特典も用意しています!

今後も特典を増やしたり、内容のアップデートも行っていく予定なので、お得なうちにチェックしてみて下さいね♪

スポンサーリンク
この記事を書いた人
アバター

1993年5月生まれ。
WEB関係の仕事で独立し、YouTubeで「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルを運営中。
さらに、このブログと連動した第2のYouTubeチャンネル「しふぁの作業部屋」も運営しており、3日に1本・たった4ヶ月動画投稿しただけで収益化し、約1年同じペースで活動を続けると登録者数は1万人を超えました。
ちなみに、このブログではこれからYouTube活動やゲーム実況を始めたい人向けに必要な機材情報やそのレビュー/設定方法・録画や配信のやり方・編集作業のやり方・YouTubeの各機能の使い方など、実際にYouTubeチャンネルを運営するにあたって経験したことをベースに、あなたの悩みが少しでも晴れるような有益な情報をお届けします!

しふぁをフォローする
キャプチャーボード
スポンサーリンク
しふぁをフォローする
しふぁチャンネルのゲーム実況ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました