ゲーム実況用のマイクの選び方/使用してるおすすめマイクも紹介!


「ゲーム実況用にマイクを購入したいけど、どの部分に注意してどのマイクを選べば良いのかわからない…」

と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

ちなみに、自分は「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルも運営していますが、マイクを購入する時は色んな所から情報を集めたので知識としてはそれなりにあります。

さらに、実際にマイクを購入してみて気づいた点もいくつかあったので、これからマイクを購入したいと考えているあなたに有益な情報を届けられ自信があります。

なので、今までの実際の経験を元に、ゲーム実況用のマイクの選び方と、実際に使用しているおすすめのマイクも紹介したいと思います!

スポンサーリンク

check!
🔽ゲーム実況・配信をするのに必要な機材情報をまとめたページはこちら!
>>ゲーム実況に必要な機材情報まとめを確認する!

>>ゲーム配信に必要な機材情報まとめを確認する!

動画でも解説しています

マイクの選び方

早速マイクの選び方を解説していきますが、ひと口にマイクと言っても様々な種類や機能を持ったマイクがあります。

マイクの種類や機能によって使い所が変わってくるので、

①マイクとヘッドセットの違い
②マイク形式
③感度
④指向性
⑤接続方法

という5つのポイントを確認して、ゲーム実況に合うマイク・自分に合うマイクは何なのかチェックしていきましょう!

 

①マイクとヘッドセットの違い

まずは、1つ目のマイクとヘッドセットの違いについて解説しますが、ゲーム実況で自分の声を入れるのなら、マイクの他にヘッドセットを使う方法もあるので、

「どっちを選べば良いのかな?」

と、悩んでしまいますよね。


マイクを使う場合はヘッドホンを別で用意する必要があるので、余計な機材購入費用がかかってしまうデメリットがあります。

さらに、高価で本格的な機材を使う場合は専用のインターフェースが必要になるので注意が必要です。

 


しかし、ヘッドセットはマイクとヘッドホンが1つになっているので、マイクを設置する場所を取らないですし、コスパも良い製品が多いので機材購入費用を安く抑えることができます。

さらに、ヘッドセットを使えば自分自身が前後左右に自由に動いても、つねに一定の距離にマイクがあるので、自分の声が遠くなって聞こえにくくなることが無く、喋る方向を気にする必要が無いのもマイクとの大きな違いですね。

 

ただ、性能を見た時に、同じ価格帯の製品同士でマイクとヘッドセットを比べると、音質はマイクの方が圧倒的に優れています。

音割れしづらいことはもちろん、ノイズも少ないのでクリアに聞こえますし、ゲーム実況で顔出しをしないのであればマイク音質は非常に重要なので、この部分はこだわるのがおすすめです。

 

今までの事をまとめると、

・お金をかけずに手軽に自分の声を録りたいならヘッドセット
・音質にこだわりたいのならマイク

というように選択すると良いでしょう。

ちなみに、自分は顔出しをしていない事もあり、音質が重要かなと思ったのでマイクを購入して使用しております。

ヘッドホンに関しては以下のリンクのページで詳しく解説しているので、ヘッドホンも気になる人はこちらからチェックしてみて下さい!
check!
>>ゲーム実況用ヘッドホンの選び方を確認する!(記事準備中です)

【マイク】
○メリット
・価格に対して音質が良い物が多い
・音質が良いヘッドホンも使用できる

○デメリット
・高価で本格的な機材を使う場合は専用のインターフェースが必要になる
・マイクとヘッドホンを購入するための費用が高くなりがち
・マイクの位置や話す時の方向を気にする必要がある

【ヘッドセット】
○メリット
・機材購入にかかる費用が少ない
・マイク位置が固定されているので喋る方向を気にする必要がない
・マイクを設置する場所を取らない

○デメリット
・マイクに比べると音質が悪い
・マイクだけ使いたい時でもヘッドホンを付けないといけない

 

②マイク形式について

次にマイクの選び方の2つ目でもあるマイク形式についてですが、マイクは大きく分けて2種類あり、

・ダイナミックマイク
・コンデンサーマイク

と呼ばれるものがあります。

ダイナミックマイク


まずはダイナミックマイクについて簡単に仕組みを解説すると、ダイナミックマイクには振動版とコイルが内蔵されています。

音は空気の振動ですが、空気の振動でマイク内の振動板を動かし、振動板が動くとマイク内のコイルによって電気信号が生じて音声データとして取り出す仕組みのマイクを「ダイナミックマイク」と呼びます。

 

電源に繋がなくても使用する事ができるマイクとなっており、耐久性に優れているので丈夫ですし、価格も安く抑えられているのが特徴となっています。

カラオケとかでよく見かけるマイクとか、ステージでアーティストが使うマイクとかはダイナミックマイクのことが多いですね。

ただ、この後解説するコンデンサーマイクに比べて感度が低いので、高音質でのレコーディングなどは不向きですし、多機能な物が少ないので注意が必要です。

○メリット
・マイク自体に電源を供給する必要が無い
・耐久性に優れている
・無駄な音、ノイズをあまり拾わず、ハウリングも発生しにくい
・比較的に値段が安い物が多い

○デメリット
・感度が低いので高音質でのレコーディングなどは不向き

 

コンデンサーマイク


まずは簡単に仕組みを解説しますが、コンデンサーという部品に事前に電気を通しておくことで、音の振動を電圧の変化に変換する事ができ、それを音声データとして取り出す仕組みのマイクを「コンデンサーマイク」と呼びます。

ダイナミックマイクと比べて感度が高く、幅広い周波数の音を拾えるので、微細な音声も拾うことが可能です。

ちなみに、プロミュージシャンのレコーディングで使われるマイクは、コンデンサーマイクのことが多いですね。

ただ、電源が必要ですし、感度が高いこともあってノイズや雑音、ブレス音などを拾いやすく、ハウリングも起こしやすい。

さらに、コンデンサーマイクの仕組み上、湿気にも弱いので多湿になると性能低下しやすいので使用する環境には注意が必要です。

あと、値段もダイナミックマイクと比べると高価になっているので注意しましょう。

 

ちなみに、自分は顔出しをしていないこともあり、音質にはこだわりたかったのでコンデンサーマイクを使用しています。

また、OBS Studioというキャプチャーソフトを使えばノイズ軽減や音割れしない設定にする事も可能なので、コンデンサーマイクの弱点を補うことができます。

OBSのマイク設定方法を解説した記事を作成しているので、気になる人はこちらからチェックしてみて下さい。
check!
>>OBSのマイク設定方法を確認する!

○メリット
・感度が高いので幅広い周波数の音を拾える
・クリアで高品質な音声を収録できる

○デメリット
・電源を供給する必要がある
・ノイズや雑音、ブレス音を拾いやすく、ハウリングも起こしやすい
・比較的に値段が高い

 

③感度について

感度についてですが、わかりやすく言うとどのくらいの音を拾えるかを示した数値となっています。

感度はデジベル(db)という単位で表されますが、ダイナミックマイクなら-60db~-50dbほどで、コンデンサーマイクであれば-40db~-30dbほどの製品が一般的となっています。

数値が0に近づくほど感度が高くなり、ダイナミックマイクのように低感度の場合は、周辺の音を拾いにくいけど少し離れて使用すると自分の声が小さくなってしまう特徴があります。

ダイナミックマイクはステージでアーティストが使うマイクに多いですが、マイクを口に付けながら歌う姿を見たことありませんか?

あれは自分の声をちゃんとマイクに収録するのはもちろん、マイクとの位置を一定に保ち、音量や音質を一定に保つためにやっています。

 

ちなみに、コンデンサーマイクのような高感度の場合は、微細な声でも拾えるけどノイズや息づかいといった騒音まで拾いやすい特徴があります。

プロミュージシャンのレコーディングで使われるマイクはコンデンサーマイクが多いですが、静かな屋内でマイクから少し離れた位置から歌っているのを見たことありませんか?

幅広い周波数の音を拾えるので音質が良いですが、騒音まで拾いやすいのでこのような使い方をしているんですよね。

ちなみに、マイクの音質は実際に使ってみないと分からない部分が多いですが、この感度の数値をチェックすればある程度は性能を比較できるので、購入前によく確認しておきましょう。

スポンサーリンク

④指向性について

次にマイクの選び方の4つ目でもある指向性についてですが、どの方向から音を拾うのかという事を指向性と言います。

こちらもマイクによって種類が分かれており、

・単一指向性
・双指向性
・全指向性(無指向性)

という3種類の指向性があります。

単一指向性

単一指向性のマイクは、1つの方向(マイクを向けている方向)からの感度が特に高くなっており、周辺の音やノイズが入りにくいというメリットがあります。

主に1人で録画や配信をする時のマイクとして選択するのがおすすめです。

ただ、話す位置をしっかりと決めておかないと、収録された音が小さい事があるので注意しましょう。

 

双指向性

双指向性のマイクは、マイクの正面または背面からの音に対して同じくらいの感度を持っており、こちらも周辺の音やノイズが入りにくいというメリットがあります。

2人で1つのマイクを使うのであれば、双指向性のマイクを2人の間に置けば同時に声を収録できるのでおすすめです。

ただ、側面からの音に対しては感度が低くなるので、設置する位置をしっかりと決めるようにしましょう。

 

全指向性(無指向性)

全指向性(無指向性)のマイクは、全ての方向から同じ感度で声を収録する事ができるようになっているので、大人数で使用する場合に全員の声を拾えるのでおすすめです。

しかし、周囲の雑音やノイズも拾いやすいので、使用する時は防音対策をする必要もあるので注意しましょう。

 

指向性について解説しましたが、ゲーム実況を行う場合は1人で行うことが多いと思うので、その時は単一指向性のマイクを選択するのがおすすめです。

 

⑤接続方法について

次にマイクの選び方の最後の5つ目でもある「接続方法」についてですが、マイクとPCを接続する方法としては、

・プラグで接続する方法
・USBで接続する方法
・オーディオインターフェイスを介して接続する方法

この3つの方法があります。

 

プラグで接続する方法はPCのマイク入力端子に接続するだけで使えるので、初心者向けの接続方法となっています。

 

USBで接続する方法も簡単にPCと接続できるので初心者向けの接続方法となっていますね。

両方とも基本的にマイク1本あればOKなので、機材コストも抑えられるメリットがありますよ!

ちなみに、音質に関してはプラグで接続するよりもUSBで接続した方が音質が良いと言われています。

ただ、この後解説するオーディオインターフェイスを使う方法に比べると音質が劣っているので注意してください。

まぁ、劣っていると言ってもノイズが入ってて聞いてられない!というほどそこまで悪くはないので安心してください。

ゲーム実況をする場合、USBで接続するタイプのマイクでも十分な音質となっているので、個人的にはこちらを選択するのがおすすめです。

ちなみに、オーディオインターフェイスが内蔵されているUSBタイプのマイクも販売されているので、こちらを使用すれば高い音質で収録する事も可能なのでチェックしてみて下さい!

 

次にオーディオインターフェイスを介して接続する方法についてですが、この方法はUSBタイプに比べてノイズの少ない高音質の音声を収録できますし、音量も細かく調整できるという特徴があります。

しかし、機器を購入しないといけないので、機材コストが高くなりますし、設置場所も取るというデメリットもありますね。

ちなみに、プロアーティストの方ならオーディオインターフェイスを使う場合も多いですが、これからゲーム実況を始めたいと考えている人で使う人は少ない印象です。

あと、ある程度の知識が無いと、使い方が良く分からないという事もあるので注意しましょう。

USBタイプは音質が劣ると言ってもそこまで悪くは無いですし、キャプチャーソフト側で音量調整などもすることができるので、個人的にはUSBタイプをおすすめします。

 

ゲーム実況におすすめのマイク

ここまでゲーム実況におすすめのマイクの選び方を解説してきましたが、個人的にゲーム実況におすすめなマイクの条件をまとめると、

・ヘッドセットではなくマイク
・コンデンサーマイク
・感度は-40db~-30dbくらい
・1人で実況するので単一指向性
・接続方法はUSB接続

これがゲーム実況をする上で、マイク選びにおすすめの条件となっています。

 

ちなみに、自分が今使用しているマイクもこの条件にピッタリと当てはまるマイクになっています。

他のサイトを見てみると、「おすすめマイク○選」とかやっていますが、自分は使った事も無いマイクをあなたにおすすめする事はしたくないので、実際に今使っているマイクをご紹介します。

実際に使ってみた感想とかもたくさん書いているので、気になる人はチェックしてみて下さい!

ちなみに、気に入らなかった場合は、こちらの楽天のマイク人気ランキングからお気に入りのマイクをチェックしてみて下さい。
check!
>>【楽天市場】マイク人気ランキングを確認する!

 

SONY ECM-PCV80U

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥3,300 (2020/08/06 09:17:19時点 Amazon調べ-詳細)
【仕様】
・単一指向性
・正面感度:-40dB±3.5dB
・コンデンサーマイク
・USB接続
・コード/出力コネクター/長さ:約2m
・質量:マイク本体で約300g
   :ホルダー・スタンド込みで約360g

【付属品】
・マイクコード
・マイクホルダー
・テーブルスタンド
・USB Audio Box
・専用USBケーブル

SONY(ソニー)から発売されている単一指向性の有線式エレクトレットコンデンサーマイクで、4,000円前後くらいの比較的に安い値段で販売されていることが多いマイクですね。

安い割には音質も良く、使い勝手が非常に良いのでコスパが高い人気商品となっています。

ただ、コンデンサーマイクとなっているので感度が良く、何も対策をしていないと「ボウっ」という息づかいが入りやすいので注意が必要です。

風防キャップなどを装着すれば軽減する事ができるので、こちらも合わせてチェックしておくと良いでしょう。(自分も以下と同じものを購入しました)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カラオケ用風防キャップ #M607040
価格:330円(税込、送料別) (2020/7/6時点)

楽天で購入

 

 

実際に装着してみるとこんな感じです。

写真で見ると結構大きく・ゴツく見えますが、この防風キャップの穴径でマイクにギリギリ入るくらいだったので、これがジャストサイズです。

 

あと注目すべき点としては、マイクホルダーとテーブルスタンドが付いている事ですね!

これらはそこまで大きくないので机の上を占領する事も無く、省スペースで使う事ができるので非常におすすめです。

実際に机に置いてみた感じ↓↓↓
(マイクの配線は机の奥からPCに繋げています)

 

また、マイクホルダーとテーブルスタンドの接合部は動くので角度調整する事ができ、マイクの角度を好みの位置に調整する事ができます。

ただ、高さ調整ができないので、低い机を使っている場合は使いにくいというデメリットがありますね。

マイクスタンドと別々に切り離すことができるので、高さが合わない時はマイク用のアームを購入して設置すると良いでしょう。

created by Rinker
Seehope
¥2,580 (2020/08/06 08:52:07時点 Amazon調べ-詳細)

 

ちなみに、付属品に「USB Audio Box」というのがありますが、これはPCを介さずにマイクの音をスピーカーに出力できる機器となっています。

そのため遅延する事なく、スピーカーから聞こえてくるPCの音に対して、マイクの音が遅れずに聞こえるので、違和感なく快適に使うことができます。

主にカラオケ目的に使う場合に有効なので、ゲーム実況を行うのであれば特に必要無いかもしれませんが、一応解説しておきました。

 

このマイクの性能・仕様について解説しましたが、マイクを使ってゲーム実況の様子を録画・配信する時はOBS Studioというキャプチャーソフトを使用するのがおすすめです。

なぜかというと、OBSを使用すればマイクの音量を調整できるのはもちろん、ノイズを軽減したり、音割れしない設定も行うことができるからです。

私自身この「SONY ECM-PCV80U」を使用して自分の声を収録していますが、

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥3,300 (2020/08/06 09:17:19時点 Amazon調べ-詳細)

このマイクで実際に行っているOBSのマイク設定方法も解説しているので、こちらを見れば設定まで簡単に行うことができます。

check!
>>OBSのマイク設定方法を確認する!

 

他のマイクを使う場合は、各設定の細かい数値が異なるかもしれないので注意してください。

ちなみに、他のマイクもチェックしてみたい場合は、こちらから楽天のマイク人気ランキングを確認する事ができるので、お気に入りのマイクを見つけてみて下さい!
check!
>>【楽天市場】マイク人気ランキングを確認する!

まとめ

今回は、ゲーム実況用のマイクの選び方と実際に使用してるおすすめマイクについて紹介しました!

ちなみに、私自身「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルを運営していますが、

「YouTubeゲーム実況でチャンネル登録者1000人突破するまでにやった15の方法」

という記事をnoteにて販売しております。

少しでも早くYouTubeのゲーム実況チャンネルを大きくしたい!収益化まで行きたい!と考えている人にとって役に立つ情報を紹介しているのでチェックしてみて下さい!
check!
>>YouTubeゲーム実況でチャンネル登録者1000人突破するまでにやった15の方法を確認する!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
アバター

1993年5月生まれ。
WEB関係のお仕事で独立し、YouTubeで「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルを運営中。
アクションゲームを中心に18時頃から毎日生配信をしています。
生配信や動画投稿、撮影・編集作業などチャンネル運営をしていく過程で経験したことや、ゲーム実況をこれから始めるあなたの悩みが少しでも晴れるように、有益な情報をお届けします!

しふぁをフォローする
ガジェット
しふぁをフォローする
しふぁチャンネルのゲーム実況ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました