OBSにPS4/PS5などのコントローラー入力をリアルタイムで表示させる方法!

ゲーム実況をやっていると、

「どのようにゲームを操作しているのか手元を見てみたい!」

というように、視聴者さんから言われたことはありませんか?

そんな時は手元をカメラで撮影して表示させる方法がパッと思いつきますが、カメラやカメラアームなどの機材を購入する必要がありますし、実際にどんな操作をしているのか詳しくわかりにくくなっています。

そんな時におすすめなのが今回解説する方法で、実際に設定を行うとPS4やPS5などのコントローラー入力をOBSにリアルタイムで表示できるようになります。

何のボタンを押しているのかハッキリと分かりますし、何より無料で利用できるので、その方法が気になる人はチェックしてみて下さい。

ちなみに、「しふぁの作業部屋」というこれからゲーム実況やYouTubeを始めたい人向けの情報を発信しているチャンネルも運営しているのでチェックしてみて下さい。

スポンサーリンク

OBSとゲーム機側の準備

まず最初にOBSとゲーム機側の準備から行っていきますが、大前提として表示させたいコントローラーのゲーム機を起動させて、OBSにゲーム画面を表示できていることを確認して下さい。

 

次にコントローラーをゲーム機に有線接続していたり、Bluetoothを使用して無線接続していたかもしれないですが、PCにコントローラーを有線接続してください。

今回はPS4を使用して解説しますが、付属されていたUSBケーブルを使用してPCと有線接続を行います。

PCと接続できたら、その状態でもゲーム画面を操作できることを確認し、問題無いのであれば次の設定を行ってください。

 

Gamepad Viewerの設定方法

次にGamepad Viewerというサイトで設定を行っていきます。

まずはこちらのリンクをクリックしてGamepad Viewerの画面を開き、画面左上にある横3本線のメニューボタンをクリックします。

 

次に表示された画面内にある「Generate URL」をクリックしてください。

 

すると、このような画面が表示されます。

基本的に「Stick Curving」の項目より下にある設定に関してはOBS側で設定できたり、設定してもあまり意味が無いものばかりなので、特に設定する必要はありません。

 

まずはSkinの項目から解説しますが、OBSに表示させるコントローラーを変更できるようになっています。

 

実際にクリックすると様々なゲーム機のコントローラーから選べるので、使用しているコントローラーを選択してください。

今回はPS4を使用して解説するので「PlayStation 4」を選択しますが、Whiteの方がボタン表示が見やすいので「PlayStation 4(White)」を選択するのがおすすめです。

ちなみに、Switchには対応していないので注意して下さい。

あと、PS5に関しては全く別の方法で設定する必要があるので、後半以降の解説を確認するようにして下さい。

 

次にStrength Meterの設定ですが、これはPS4のコントローラーで言うと、R2ボタンやL2ボタンといったボタンの押し込み具合で強弱が変化するボタンの表現方法を設定できるようになっています。

 

この設定が「Disabled」になっていると光り方の強弱でボタンの押し込み具合を表現し、「Enabled」になっていると光り方がメーターのように上下して押し込み具合を表現するようになっています。

これに関しては完全に好みになるので、好きな方を選択してください。

 

ここまで設定できたら、画面上にあるURLをクリックしてコピーを行いましょう。

これでGamepad Viewerでの設定は以上になるので、次はOBSの設定を行いましょう。

OBSでの設定方法

次にOBSでの設定を行っていきます。

まずはソースの欄の「+」をクリックして「ブラウザ」をクリックしてください。

 

すると、ソースを作成/選択と表示されるので、わかりやすい名前を付けたら「OK」をクリックしましょう。

今回は初期設定のまま解説していきます。

 

次にプロパティの画面が表示されますが、URLの項目に先ほどコピーしたURLを貼り付けたら「OK」をクリックしてください。

 

すると、OBSの画面にコントローラーが表示されますが、Disconnectedと表示されています。

 

ただ、コントローラーのボタンをどれでも良いので押してみると、このようにコントローラーが表示されるので、実際にリアルタイムでボタン操作が表示されるのか確認してみてください。

 

PS4の場合はこれで特に問題無いので、サイズ調整や位置調整を行って録画や配信で活用してみて下さい。

 

ちなみに、コントローラーの色がちょっと嫌だなと感じる人もいるかもしれないですが、その場合はこちらの動画を参考にして自分で好きな色にカスタマイズするのがおすすめです。

ちょっと設定方法が複雑ですし、個人的に色に関しては特にこだわりが無かったので、本ブログでは解説を行いません。

気になる人はこの動画を確認しつつカスタマイズしてみて下さい。

スポンサーリンク

PS5のコントローラーを表示させるやり方

PS5のコントローラーをOBSに表示させたい人もいると思いますが、Gamepad Viewerは現状としてPS5には対応していません。

ただ、全く別の方法でPS5のコントローラーを表示できるのでその方法を解説していきます。

ちなみに、実際の設定方法やPS5のコントローラーのスキンに関しては、海外の方の動画を参考にさせてもらったので、気になる人はこちらも確認してみて下さい。

 

それでは実際のやり方を解説しますが、まずはPS4と同様にPCにPS5のコントローラーを有線接続してください。

 

次にGamepad Viewerは使用せずにOBS側の設定を行います。

ソースの欄の「+」をクリックして「ブラウザ」をクリックしてください。

 

すると、ソースを作成/選択と表示されるので、わかりやすい名前を付けたら「OK」をクリックしましょう。

今回は初期設定のまま解説していきます。

 

次にプロパティの画面が表示されるので、PS4の時と同様にURLの項目を設定していきます。

 

ここから海外の方の動画を参考にさせていただきますが、この海外の方がPS5のコントローラーのスキンを4つ作成してくれており、無料で配布してくれています。

以下のリンクをクリックしてそれぞれのスキンを確認してみて下さい。

 

今回はWhiteのスキンを使っていこうと思いますが、実際に表示されたページの上にURLが表示されているので、こちらをコピーしてください。

 

次にOBSの画面に戻ったら、URLの項目に先ほどコピーしたURLを貼り付けましょう。

できたら「OK」をクリックしてください。

 

すると、OBSの画面にPS5のコントローラーが表示されますが、十字キーなどの各ボタンが表示されていない状況になっています。

 

ただ、コントローラーのボタンをどれでも良いので押してみると、正常に表示されるようになるので、あとは実際にリアルタイムでボタン操作が表示されるのか確認してみてください。

ただ、全てのスキンに言えることですが、スティックの色が黒になっているので操作状況が見にくくなっています。

なので、個人的にはカスタムCSSの設定を追加で行って、スティックの色を見やすい色に変更するのがおすすめです。

 

まずは、コントローラーを表示させている「ブラウザ」のソースをダブルクリックしてプロパティの画面を再表示させてください。

 

次にカスタムCSSの項目に何か書かれていると思いますが、それらを1度削除して何もない状態にしたら、

 

.ds4 .stick{position: absolute; background: url(https://gamepadviewer.com/ps4-white-assets/sticks.svg); height: 94px; width: 94px;}

上記の文字をコピーしてカスタムCSSの項目に貼り付けて下さい。

できたら「OK」をクリックしましょう。

 

後はコントローラーを実際に操作してみると、スティック部分がPS4のスキンで使われていた赤色のスティックに変化するので、先ほどと比べると非常に見やすくなります!

あとは、実際に位置調整やサイズ調整を行って、録画や配信を行ってみて下さい。

 

まとめ

今回はOBSにPS4/PS5などのコントローラー入力をリアルタイムで表示させる方法について解説しました!

ちなみに、自分は「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルと「しふぁの作業部屋」というこれからYouTubeを始めたい人向けの情報を発信しているチャンネルを運営していますが、両方のチャンネルとも収益化の条件である、

・登録者1000人
・直近12ヶ月の総再生時間が4000時間以上

この条件をクリアしており、収益化もしています。

特に「しふぁの作業部屋」ではたった4ヶ月間・3日に1本動画を投稿するだけで収益化する事ができたので、その時のノウハウをまとめた記事をnoteにて販売しております。

少しでも早く登録者数や再生回数を増やして収益化まで行きたいと考えている人にとって役に立つ情報を解説していますし、今なら購入者限定で無料で貰えるお得な特典も用意しています!

今後も特典を増やしたり、内容のアップデートも行っていく予定なので、お得なうちにチェックしてみて下さいね♪

スポンサーリンク
この記事を書いた人
しふぁ

「1人でゲームをプレイするのは面白くない!」というのがキッカケでYouTubeで「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルを運営開始。約1年4ヶ月で収益化達成。その経験を元に自分と同じようにゲーム実況を始めたい人向けに本ブログを運営開始。さらにブログで解説している内容を動画化するために第2のYouTubeチャンネル「しふぁの作業部屋」も運営開始。こちらは3日に1本・たった4ヶ月の動画投稿で収益化を達成。2022年7月時点で登録者3.76万人を突破。ゲーム実況は非常に楽しいし、たくさんのゲーム仲間と繋がれる最高のコンテンツと考えているので、その魅力を1人でも多くの人に体験してもらえるよう、今からゲーム実況を始めたい人をサポートしています。

しふぁをフォローする
OBS
スポンサーリンク
しふぁをフォローする
しふぁチャンネルのゲーム実況ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました