PS5の通常版とデジタルエディションの違いは?どっちを買うべき?


PS5には、

・通常版(標準モデル)
・デジタルエディション

この2種類があって、予約開始日は2020年9月18日(金)午前10時(発売日は2020年11月12日(木))から行われる事もあって、予約をしたいなと考えている人もいると思いますが、

「通常版とデジタルエディションの違いが分からないから、どっちを買うべきかわからない…」

と悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

そんなあなたのために、それぞれで共通する事・違っている事・メリット・デメリットについて詳しく解説していきます!

スポンサーリンク

動画でも解説しています

PS5の通常版とデジタルエディションで共通する事

まずは、PS5の通常版(標準モデル)とデジタルエディションで共通する事を解説していきますが、簡単に箇条書きにすると以下の通りです。

【共通する事】
・ゲームの内容に違いは無い
・読み込み速度も違いは無い
・付属品は同じ

ゲームの内容に違いは無い

これは当たり前っちゃ当たり前ですが、通常版かデジタルエディションかによってゲーム本編の内容が変わることはありません。

ただ、パッケージ版の場合、予約購入特典や初回購入特典みたいな感じで、グッズやアートブックといった「物」が付いてくる商品も販売される場合もあるので、特典に関しては違いが出てくるかと思います。

 

読み込み速度の違いは無い

PS5はPS4と比べると、”100倍”の読み込み速度があると言われています。

ただ、PS5の通常版とデジタルエディションで読み込み速度を比べた場合、CPUやGPU、システムメモリ、SSDといった性能は両方とも同じなので、読み込み速度に違いは無いはありません。

 

付属品は同じ

PS5の通常版とデジタルエディションで付属品が変化する事はありません。

以下にPS5を購入した時の付属品の内容を記載しておきます。

・PlayStation 5本体×1
・ワイヤレスコントローラー×1
・ベース×1
・電源コード×1
・HDMI®ケーブル×1
・USBケーブル×1
・印刷物一式×1
・ASTRO’s PLAYROOM(プリインストールゲーム)(*)

*システムソフトウェアのアップデートが必要になる場合があります。インターネット接続が必要です。
スポンサーリンク

PS5の通常版とデジタルエディションの違い

ここからはPS5の通常版とデジタルエディションの違いを解説していきますが、まずはそれぞれの性能の違いがわかりやすいように表にするとこのようになっています。

違う項目 通常版 デジタルエディション
外形寸法
(幅×高さ×奥行)
約390㎜×104㎜×260㎜ 約390㎜×92㎜×260㎜
質量 約4.5kg 約3.9kg
最大消費電力 350W 340W
光学ドライブ
(読み出し専用)
Ultra HD Blu-ray™ (66G/100G) ~10xCAV
BD-ROM (25G/50G) ~8xCAV
BD-R/RE (25G/50G) ~8xCAV
DVD~3.2xCLV
無し
ゲームディスク Ultra HD Blu-ray™ (100GBまで) 無し
価格 49,980円(税抜) 39,980円(税抜)

デジタルエディションはディスクドライブが付いていない事もあって、高さが約12㎜低くなっており、重量も約0.6㎏少なく、最大消費電力も10Wほど少なくなっています。

ただ、通常版の場合はBlu-rayやDVDを見る事ができますし、ゲームソフトはパッケージ版とダウンロード版のどちらでも選べるので、使用する時の機能性や選択の幅が広いのが良い点でもありますね。

ただ、価格が税抜で1万円の差があるので、どっちを選べば良いのか悩んでしまう人もいるのではないでしょうか?

なので、もっと細かく違いが分かるように、通常版とデジタルエディションのメリット・デメリットをまとめてみたのでチェックしていきましょう!

 

PS5通常版のメリット・デメリット

まずは通常版のメリット・デメリットをあげるとこのようになります。

○メリット
・PS4のパッケージ版ソフトと互換性がある
・遊ばなくなったパッケージ版ソフトを売却できる
・パッケージ版ソフトの貸し借りができる
・予約特典や初回特典などパッケージ版だけのグッズ付きソフトが販売される場合がある
・Blu-rayやDVDを再生できる
○デメリット
・別のゲームを行う時にパッケージ版だとディスク交換が必要
・パッケージ版ソフトの保管場所が必要
・ディスクドライブが付いている分、故障リスクが少し高い
・PS5の本体価格が高い
・サイズや重量が重い

 

「PS4のパッケージ版ソフトと互換性がある」という事ですが、PS5ではPS4のパッケージ版ソフトと互換性があるので、PS5でPS4のゲームを遊べるようになっています。

個人的にはこのメリットが通常版の1番の強みだと思っていますし、PS5はPS4と比べると”100倍”の読み込み速度があると言われているので、ゲーム中の読み込みを待っている間のストレスが劇的に軽減されるのなら、PS5でPS4のゲームを遊びたいと思う人も多いのではないでしょうか!

あと、「遊ばなくなったパッケージ版ソフトを売却できる」という点も非常におすすめで、新作ゲームをフルプライスで購入しても、1か月くらいでクリアして売却すれば多少はお金を回収することができます。

さらに、ゲームを購入してプレイしたけど全然面白くないクソゲーだった場合、すぐに売却して少しでもダメージを少なくできるという点がおすすめポイントとなっていますね!

 

ただ、デメリットとしては、「別のゲームを行う時にパッケージ版だとディスク交換が必要」なので、その作業が面倒という事があります。

もちろん、通常版でもダウンロード版を購入する事ができますが、通常版でダウンロード版を購入するなら、

「ディスクドライブいらないじゃん!」

となってしまうので、パッケージ版のメリット・デメリットを確認するのはもちろん、Blu-rayやDVDを見るかどうかという点も含めて検討すると良いでしょう。

 

他にも、「パッケージ版ソフトの保管場所が必要」だったり、「ディスクドライブが付いている分、故障リスクが少し高い」というのもあるので注意しましょう。

デジタルエディションのメリット・デメリットも解説しているので、そちらも確認してみましょう!

 

PS5デジタルエディションのメリット・デメリット

次にデジタルエディションのメリット・デメリットをあげるとこのようになります。

○メリット
・PS5の本体価格が安い
・通常版よりもサイズが小さくて軽い
・ソフトを無くす心配や保管場所を気にする必要が無い
・プレイするゲームを変える時にディスクを入れ替える面倒な作業が無い
・発売日前にゲームをダウンロードできて配信されたらすぐにプレイ可能
・いつでもゲームを簡単に購入できる
○デメリット
・PS4のパッケージ版ソフトを持っていても遊べない
・パッケージ版だけにしか付かない予約特典や初回特典などを入手できない場合がある
・遊び終わったゲームを中古として売却できない
・ダウンロード版は値下がりしにくいので割高

デジタルエディションの場合、個人的には「ソフトを無くす心配や保管場所を気にする必要が無い」・「プレイするゲームを変える時にディスクを入れ替える面倒な作業が無い」というのが1番のメリットではないかと思います。

さらに、「発売日前にダウンロードできて配信されたらすぐにプレイ可能」「いつでもゲームを簡単に購入できる」いうメリットもあるので、パッケージ版のように発売日になったら予約した店舗に取りに行くという面倒な事や、宅配便で送られてくるのを待つといった焦らされる思いをする事なく、ゲームをプレイできるのでおすすめですね!

ただ、通常版のPS5でもダウンロード版の購入はできるようになっているので、

「デジタルエディションだからこそのメリット!」

と言うには少し弱いかなと思います。

 

ちなみに、最も注意してほしい点としては、「PS4のパッケージ版ソフトを持っていても遊べない」という点です。

PS5にはPS4のパッケージ版ソフトと互換性があるので、PS5でPS4のゲームを遊べるようになっていますが、ディスクを入れる事ができないデジタルエディションだと、遊ぶことができないので注意してください。

 

ちなみに、「PlayStation Plusコレクション」というPS5の新サービスが発表されていますが、

このサービスを利用すると、ゴッド・オブ・ウォーやモンスターハンター:ワールドというような
PS4の主要タイトルをPS5でプレイできるようになるみたいです。

【主要タイトル一覧】
・ゴッド・オブ・ウォー
・モンスターハンター:ワールド
・ファイナルファンタジーXV
・Fallout 4
・アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝
・ラチェット&クランク THE GAME
・Days Gone
・Until Dawn – 惨劇の山荘 –
・Detroit Become Human
・バトルフィールド1
・インファマス:セカンドサン
・バットマン:アーカム・ナイト
・人喰いの大鷲トリコ
・The Last of Us Remastered
・ペルソナ5
・バイオハザード7 レジデント イービル
・Bloodborne
※これ以上に利用できるタイトルが増える可能性は十分あります。

PS5発売と同時にサービス開始がアナウンスされていますが、具体的な利用方法や価格、日本での展開などの詳細情報は動画作成時点では発表されていないので、気になる人は今後この情報をチェックしておくようにしましょう。

 

ちょっと話がそれてしまいましたが、デメリットの話に戻しますと、パッケージ版だけにしか付かない予約特典や初回特典などを入手できない場合がありますし、遊び終わったゲームを中古として売却できないので、万が一、クソゲーを購入してしまった時のダメージがデカいです…。

また、パッケージ版は中古として販売されるとかなり安く購入できることが多いですが、ダウンロード版は値下がりしにくい傾向があり、パッケージ版と比べるとゲーム購入費用が割高になることが多いので注意してください。

 

結局どっちを買うべき?

ここまでPS5の通常版(標準モデル)とデジタルエディションの違いや、メリット・デメリットについて解説してきましたが、

「結局どっちを買うべきなの?」

と悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

ここからは個人的な意見になりますが、

・PS4のパッケージ版ソフトとの互換性
・遊ばなくなったパッケージ版ソフトを売却できる

この2つの点から自分は通常版を購入したいと考えているので、通常版を購入することをおすすめします!

 

ちなみに、自分は「しふぁチャンネル」でゲーム実況活動をしていることもあって、たくさんのPS4ゲームを購入してプレイしていますが、何のゲームとは言いませんが、過去に発売日当日のフルプライスでダウンロード版のゲームを購入したのに、全然面白くないクソゲーを引き当ててしまった事があります。

パッケージ版ならすぐに売って少しでもお金を回収できますが、ダウンロード版だと売りたくても売ることができず、そのまま泣き寝入りしてしまった経験があるので、通常版一択で考えています。

もちろん、PS5に求める事は人それぞれ違うと思いますし、1人1人のプレイする環境が違うので、デジタルエディションの方が良いなぁ~という人もいる事でしょう。

決して安い買い物ではないので、今まで解説した通常版とデジタルエディションの違いをもう1度確認して、納得がいくような選択をして下さいね!

まとめ

今回は、PS5の通常版とデジタルエディションの違いについて解説しました!

個人的には通常版がおすすめですが、様々な情報を集めて、自分の状況に合わせてどっちを購入するか選択するようにしてください。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
アバター

1993年5月生まれ。
WEB関係のお仕事で独立し、YouTubeで「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルを運営中。
アクションゲームを中心に18時頃からほぼ毎日生配信をしたり、初見実況動画や解説動画を投稿しています。
さらに、第2のYouTubeチャンネル「しふぁの作業部屋」も運営中!
主にこのブログの記事を動画化して投稿しているチャンネルで、ゲーム実況に必要なガジェットのレビュー・設定方法・使い方・撮影編集作業のやり方など実際に経験したことや、ゲーム実況をこれから始めたいけど、何からやれば良いのかわからないあなたの悩みが少しでも晴れるように、有益な情報をお届けします!

しふぁをフォローする
PS5
しふぁをフォローする
しふぁチャンネルのゲーム実況ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました