パワーポイントで画像や写真の背景を透明化(透過)する方法は?


「画像や写真の背景を透明化(透過)させたいけどやり方がわからない…」

と悩んでいる人もいるかと思いますが、パワーポイント(PowerPoint)を使えば誰でも簡単に背景を切り抜いた(トリミングした)画像を作成することが可能です。

私自身「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルを運営しており、投稿する動画のサムネイルはパワーポイントで作ることが多いのですが、画像の背景を透過させたい時もパワーポイントで消して使う事が非常に多いです。

なので、その実際の経験を元に、パワーポイントで画像や写真の背景を透明化(透過)する方法を解説していこうと思います!

スポンサーリンク

背景を透明にする方法

パワーポイントで背景を透明化(透過)する方法としては2つあり、”透明化させたい画像・写真の複雑さ”によって使い分けるのがポイントです。

これからそれぞれの方法を解説していくのでチェックしていきましょう!

背景色や画像・写真が複雑な場合

今回は、以下のような背景色が複雑で、残したい部分(キャラクターの部分)も形や色が複雑な画像の背景を透明化させるやり方をご紹介します。

 

まずはパワーポイントを起動させましょう。

すると以下のような画面が表示されます。

 

「タイトルを入力」・「サブタイトルを入力」はちょっと邪魔なので、消して真っ白な画面にして下さい。

 

背景を透明化させたい画像をパワーポイントの画面内にドラッグ&ドロップして表示させましょう。

この時に画像の周りに枠が表示されている(選択されている)のを確認してください。

 

画像を選択する事ができれば「書式」というタブが表示されるのでクリックし、1番左側にある「背景の削除」をクリックします。

 

すると、以下のような紫色の画面になりますが、透明化される部分が紫色で表示されます。

ちなみに、画像内に枠が表示されていますが、残したい部分の大体の範囲を決める枠になっているので、今回の場合はキャラクターの表示領域に合わせて枠の大きさを変えます。

 

枠の大きさを調整すると、こんな感じになりました。

もうちょっと簡単な画像ならば、これだけで綺麗に背景を削除する事ができますが、複雑な画像の場合はそう上手くいきません。

なので、自分の手で透明化する所・しない所を決めていきます。

 

まずは透明化したくない部分を決めていきましょう。

画面左上に「保持する領域としてマーク」 とあるのでこちらをクリックして選択します。

 

そして透明化したくない部分をドラッグ&ドロップで線を引くようにして選択すると、紫色が消えて元の画像の色に戻ります。

 

逆に透明化したい部分には、「削除する領域としてマーク」 をクリックして選択しましょう。

 

ドラッグ&ドロップで線を引くようにして選択すると、選択した部分が紫色になります。

 

もしも間違えてしまった場合は「マークの削除」を選択して、⊕⊖のマークをクリックすると削除する事が可能です。

このように「保持する領域」・「削除する領域」を上手く使いながら、透過させる領域を細かく調整していきましょう。

 

実際に調整が完了した画面を見せるとこのようになっています。

 

上の画像のように調整が完了したら「変更を保持」をクリックしましょう。

 

このように画像の背景を綺麗に透明化させることができました!

 

もしも、背景を透明化させた後に、

「あっ!この部分透明になってないじゃん!」

というように調整ミスが発覚する場合もありますが、解説したやり方と同じように画像を選択して「書式→背景の削除」を選択すれば、続きから透明化の調整を行うことが可能です。

画像の保存方法に関しては、もう1つの背景削除方法を解説してからご紹介しますね。

スポンサーリンク

背景が単色で簡単な画像・写真の場合

今回は、以下のような背景が単色で、残したい部分も簡単な画像の背景を透明化させるやり方をご紹介します。

 

まずはパワーポイントを起動させましょう。

すると以下のような画面が表示されます。

 

「タイトルを入力」・「サブタイトルを入力」はちょっと邪魔なので、消して真っ白な画面にして下さい。

 

背景を透明化させたい画像をパワーポイントの画面内にドラッグ&ドロップして表示させましょう。

この時に画像の周りに枠が表示されている(選択されている)のを確認してください。

 

画像を選択する事ができれば「書式」というタブが表示されるのでクリックし、「色」をクリックします。

 

以下のような画面が表示されるので「透明色を指定」をクリックします。

 

カーソルを透明にしたい背景に合わせてクリックします。(今回は黒色の部分を消します)

 

すると、以下の画面のように黒色の部分だけ透明にすることができました!

 

この方法で透明化する時の注意点ですが、背景色と同じ色が残したい部分に入っていると、その同じ色の部分も透明化されてしまいます。

今回の場合は残したい部分に黒は無かったので問題ありませんでしたが、残したい部分に背景と同じ色がある場合は、最初に解説した背景削除方法で透明化しましょう。

 

透明化した画像を保存する方法

画像や写真の背景を透明化した後、その画像を保存したい人もいると思うので、その方法を解説します。

 

背景を透過した画像の上で右クリックをして「図として保存」をクリックします。

 

保存場所は好きな所で良いですが、ファイル形式は「PNG」で保存するようにしましょう。

間違えて「JPEG」で保存してしまうと、透過状態で保存する事ができず、透過の部分が白背景になってしまうので注意しましょう。

 

まとめ

今回は、パワーポイントで画像や写真の背景を透明化(透過)する方法についてお伝えしました!

やり方さえ分かってしまえば簡単に背景を透明化させることができるので非常に便利ですよね♪

ちなみに、こちらでゲーム実況動画のサムネイルをパワーポイントで作成する方法についても解説しているので、気になる方はチェックしてみて下さい!
check!
>>ゲーム実況動画のサムネイルをパワーポイントで作成する方法を確認する!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
アバター

1993年5月生まれ。
WEB関係のお仕事で独立し、YouTubeで「しふぁチャンネル」というゲーム実況チャンネルを運営中。
アクションゲームを中心に18時頃からほぼ毎日生配信をしたり、初見実況動画や解説動画を投稿しています。
さらに、第2のYouTubeチャンネル「しふぁの作業部屋」も運営中!
主にこのブログの記事を動画化して投稿しているチャンネルで、ゲーム実況に必要なガジェットのレビュー・設定方法・使い方・撮影編集作業のやり方など実際に経験したことや、ゲーム実況をこれから始めたいけど、何からやれば良いのかわからないあなたの悩みが少しでも晴れるように、有益な情報をお届けします!

しふぁをフォローする
ゲーム実況
しふぁをフォローする
しふぁチャンネルのゲーム実況ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました